东京上野国立科学博物馆的“巧克力展”
作者:hollysakura 编译|来源:雅虎日本|2012年12月04日 10:00
  • 双语
  • 中文
  • 日语

沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习。

上野公園・国立科学博物館(台東区上野公園)で現在、「チョコレート展」が開催されている。

位于东京都台东区的上野公园国立科学博物馆现在正在举行“巧克力展会”。

マヤ文明から始まるチョコレートの歴史や、工業化に至るまでの過程、チョコレート工場の体験展示など、さまざまな側面からチョコレートを紹介する。「きのこの山」「ポッキー」「コアラのマーチ」など、チョコレート商品の紹介や、チョコレートで創作されたジャイアントパンダやシロナガスクジラなども展示し、館内にはチョコレートの甘い香りが漂っている。

展会从始于玛雅文明的巧克力历史、发展到工业化的历程、巧克力作坊的体验展示等多方面对巧克力进行了介绍。还有“蘑菇山”“Pocky”“小熊饼干”等巧克力商品的介绍,并展出了用巧克力制成的大熊猫模型和白长须鲸模型,场馆内飘溢着巧克力的甜蜜香气。

同展は、シカゴ・フィールドミュージアムを皮切りに、全米各地での巡回展を経た後、同館での開催に至った。「『科博でこういうことをやるの?』と、驚きの反応をもらうことが多い」と話すのは同館植物研究部の遊川知久さん。アメリカで行われた展示を日本向けにアレンジし、独自の展覧会に発展させており、日本版オリジナルのテーマとして、カカオを取り巻く生物多様性もテーマに加えた。

这个展览此前曾在芝加哥菲尔德博物馆等地进行过全美巡回展,如今又在日本开展。该馆植物研究部的游川知久先生说:“不少人都很惊讶:科博馆也搞这种事?”这次的展览在美国进行的展览基础上又针对日本进行了编排,使之发展成独立的展览会,并增加了日版原创主题——围绕可可豆的生物多样性。

「言葉としては徐々に認知されてきているものの、まだ生物多様性が何を意味しているのか十分には浸透していない。カカオという植物を通して、生物多様性の重要性を伝えていきたい」と意気込む遊川さん。「一つ一つの動植物が違った性質を持ちながら、見えないネットワークを作っている。役に立つ、立たないと安易な価値判断を人間が下すことなく、動植物の種を絶やさずに保全していかなければならない」とも。

游川先生信心满满地表示,生物多样性这个词已经渐渐被大家所认知,但其具体的含义尚未完全渗透;希望通过可可这种植物,能向公众传达生物多样性的重要性。每一种动植物都有着去其他品种不同的特性,同时又相互构成看不见的网络系统。人类不应简单地以一个物种是否有用来判断其价值,而应该全力维护动植物的种族繁衍。

開館時間は9時~17時(金曜は20時まで)。入場料は、一般・大学生=1,400円、小・中・高校生=600円。来年2月24日まで。

每天的展出时间为9-17点,周五延长至20点。入场费为成人1400日元,小中高生600日元,展览将持续到明年2月24日。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江英语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关推荐:
【这货也能吃?】突破6万销量,日本巧克力中的奇葩
“友情巧克力”的出现源于男女特征模糊?

相关热点: 日本旅游日本旅游景点美食词汇主题日本音乐

5
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP