• 日本民间故事:爱吃烤鱼的老爷

    本新做一份的话,还要花很长的时间。 [/cn] [en]「はあ、その、あの・・・」どういっていいかわからず、家来たちが[wj]おろおろ[/wj]していると、頭の良い一人の家来が、「かしこまりました。[/en] [cn]“正当下人们支支吾吾不知如何回答时,一个头脑聪明的下人走上前去,[/cn] [en]すぐにお持ちいたします」と、言って、タイの乗っている皿を持って廊下へ出るなり、[wj]すばやく[/wj]タイをひっくり返しました。[/en] [cn] 说“马上给您上菜”。端着鲷鱼走了出去。一出门就很快地把鲷鱼翻了个个儿。[/cn] [en]そしてそのまま部屋に戻って、殿さまの[wj]おぜん[/wj]におき、「おかわりを持ってきました」と、言ったのです。[/en] [cn]就这样回到屋后,将盘子放到了大人的食案上,说道:“您的鲷鱼来了。” [/cn] [en]「うむ。早かったな」何も知らない殿さまは、これを新しいタイだと思って二、三口はしをつけると、「よいよい。このタイは、さっきよりもおいしいぞ」と、言って、[wj]ニッコリ[/wj]笑ったという事です。[/en] [cn]“动作挺快的嘛”毫不知情的老爷说道。老爷以为那是新做的鲷鱼,吃了三两口后就笑眯眯的说着“太棒了,这只鲷鱼比刚才那只还要美味” [/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 【日本民间故事】战争中的金色老鹰

  • 日本民间故事:孝女感动天

    卖完鱼回家,看到家里到处都是稻草。[/cn] [en]「なんだろう、これは?」不思議に思って、子どもにたずねると、「うん。おばあちゃんと一緒に遊んだんだよ」と、答えます。[/en] [cn]“这是怎么回事啊?”觉得不可思议就问孩子。孩子回答道:“恩,我和奶奶一起玩的。”[/cn] [en]年老いた姑は、[wj]聞き分け[/wj]のない子どもと同じなのでした。[/en] [cn]年迈的婆婆和不听话的小孩子一样。[/cn] [en]でもイトは、怒るどころか、「まあ、それは楽しそうね」と、自分もわらをまいて遊んだので、姑はとても喜びました。[/en] [cn]但是伊特不但没有生气,反而说道:“恩,这个看上去很好玩呢。”自己也卷着稻草玩了起来,婆婆很开心。[/cn] [en]またある年の冬、姑は急に季節はずれのなすびの[wj]吸い物[/wj]が食べたいと言いだしました。[/en] [cn]有一年冬天,婆婆突然说想喝不符时令的茄子汤。[/cn] [en]そこでイトが、近くの寺でもらったなすびのぬかづけを川で洗っていると、みるみるうちに鮮やかな紫の生のなすびになったので、それで吸い物を作る事ができました。[/en] [cn]于是伊特就把附近寺庙拿来的茄子酱菜拿到河里去洗,眼看着它居然变日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本成了新鲜的紫色的茄子,因此就用它拿来做了汤。[/cn] [en]その次の年の冬、今度は嵐で漁ができない時に、姑は魚を食べたいとだだをこねました。[/en] [cn]在第二年冬天,因为暴风雨而无法捕鱼时,婆婆又撒娇着非要吃鱼。[/cn] [en]イトが何とかしようと魚を探し歩いていると、一羽のトビが飛んできて、大きな生きた魚を落としていきました。[/en] [cn]伊特想着要想点什么办法,就出去找鱼了,这时一只老鹰飞过,掉下来一条很大的活鱼。[/cn] [en]もちろんイトは喜んでその魚を拾い、姑に食べさせました。[/en] [cn]伊特当然很高兴地捡起鱼,做了给婆婆吃了。[/cn] [en]きっと、イトの姑を思う気持ちが、天に届いたのでしょうね。[/en] [cn]这一定是因为伊特对婆婆的一片孝心感动了上天吧。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日本民间故事:狐狸小姐

    本分了。今天什么都不会做,让我载你去京都吧。”[/cn] [en]すると少女ギツネは、悲しそうな目で若者を見ると、「どんなに乗せてもらいたくても、またこの前の様に、こらしめられるのは怖いから、いやや。」[/en] [cn]而狐狸小姐只是用悲伤的眼神看着年轻人,说:“虽然我很想乘,但是我害怕又像之前一样被你们教训一通,还是不要了。”[/cn] [en]と、言って姿を消して、二度と現われる事はなかったそうです。[/en] [cn]话音刚落,就消失了,从此再也没有出现了。[/cn] [en]おしまい[/en] [cn]完[/cn] (本文朗读音频来自沪友,ID:田中麗子) 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关推荐: 日语美文阅读(民间故事):吉四六与猫

  • 【日本民间故事】捕鲸者的报应

    捕鲸的方法很成功,每年都能捕到几百头鲸鱼。[/cn] [en]与五郎はおじいさんに負けないほどの[w]長者[/w](ちょうじゃ)となり、立派なご殿を建てました。[/en] [cn]与五郎也成了富翁,一点都没有输给自己的爷爷,还建了个宏伟的宅院。[/cn] [en]ある夜、一頭の母クジラが与五郎のまくらもとに現れて、涙ながらに頼みました。「与五郎どの、わたしは子連れの母クジラです。お腹には、もうすぐ生まれる赤ちゃんもいます。わたしが捕まると、いまいる子どもも、もうすぐ生まれる赤ちゃんも死んでしまいます。どうかわたしを、見逃してください」[/en] [cn]有一天晚上,一只母鲸鱼来到与五郎的枕边,流着泪拜托他道:“与五郎老爷,我是个有孩子的母鲸鱼。肚子里还有快日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本出生的小鲸鱼。如果捕了我,现在的孩子还有很快就要出生的孩子都会死的。所以请放我一条生路吧。”[/cn] [en]それを聞いた与五郎は、母クジラに言いました。「わかった。あすは決して、子連れのクジラには手を出さないよう、みなに言っておこう」[/en] [cn]与五郎听了之后,对母鲸鱼说道:“我知道了。明天一定会和大家说不要捉有孩子的鲸鱼。”[/cn] [en]しかし翌日、与五郎は子連れのクジラを捕らないように伝えるのを、[w]うっかり[/w]忘れてしまったのです。[/en] [cn]可是第二天,与五郎不小心忘记跟大家说不捉有孩子的母鲸鱼的事。[/cn] [en]その日の夕方、子持ちクジラと子クジラが浜にあげられました。[/en] [cn]那天傍晚,怀有身孕的鲸鱼和小鲸鱼被冲上了海滨。[/cn] [en]それを見た与五郎は、大変かなしみました。[/en] [cn]看到这一幕的与五郎很伤心。[/cn] [en]そしてその日からクジラが捕れなくなり、浜はすっかりさびれてしまいました。[/en] [cn]而且那天之后就捕不到鲸鱼了,海滨变得很萧条。[/cn] [en]元気だった与五郎は六十歳でこの世を去り、そして子孫には不幸が続いたという事です。[/en] [cn]身体很好的与五郎在六十岁就去世了,而且在那之后子孙们还是延续着不幸。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 【日本民间故事】释迦和鬼之争

    吃人所以说了谎吧!”[/cn] [en]しかられた鬼たちは、首をひねりました。「おかしいな。確かに、マメから芽が出たはずだが」[/en] [cn]被指责了的鬼们百思不得其解。“好奇怪啊。豆子的确发芽了啊。”[/cn] [en]そこで鬼たちが畑に確かめに行くと、近くの木に止まっていたカラスが言いました。「マメの芽なら、さっきお釈迦さまのネズミが来て、全部食べて行ったよ」[/en] [cn]于是鬼们就去田地里确认,停在附近树上的乌鸦说道:“豆子的芽啊,刚才释迦的老鼠来过,全部都被吃掉了。”[/cn] [en]それを聞くと、鬼たちは怒って、「お釈迦さまがネズミを出してマメの芽を食べさせたなら、俺たちはネコを出してネズミを食わしてやる」と、ネコを出してネズミを食べるように命令したのです。[/en] [cn]鬼们听完之后,大怒道:“释迦放出老鼠把豆子的芽都吃掉了,那日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本我们就放出猫把老鼠都吃了。”然后就放出猫,命令它们去吃老鼠。[/cn] [en]そんなわけで今でも、ネコはネズミを追いかけるのです。[/en] [cn]这就是至今为止猫还要追着老鼠跑的原因。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日本民间故事:贫穷的富翁

    沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本

  • 日本民间故事:吹牛和尚

    が現れたんじゃ!」[/en] [cn]“喂,你们都好好听着!那个牌子其实是我立的。因为我立了那个牌子,龙才会出现的。”[/cn] [en]けれども、村人たちは、[/en] [cn]但是,村民们说[/cn] [en]「ほれ、またいつもの和尚のホラが始まった。竜が現れたのを、自分の[wj]手柄[/wj]にしよるぞ」[/en] [cn]“快看,这和尚又要开始吹牛了。还说龙的出现是他的功劳呢。”[/cn] [en]「ほんに、しようのない和尚じゃ」[/en] [cn]“真的拿这和尚没办法呀。”[/cn] [en]と、誰も信じなかったという事です。[/en] [cn]谁都没有相信(他的话)。[/cn] [en]おしまい[/en] [cn]完[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关推荐: 日语美文阅读(民间故事):仙鹤报恩  【日本民间故事】咕嘟咕嘟

  • 【日本民间故事】被金钱迷惑的负心汉

    日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本

  • 日本民间故事:老虎和狐狸的赛跑

    进了竹林。 老虎把一起起跑的狐狸远远地甩在后面,在竹林里飞奔。「哇哈哈哈,愚蠢的狐狸啊,怎么可能胜过我。」老虎大笑着。 但是,在跑近对面时,老虎却大吃了一惊。 为什么呢?因为,原本应该在后面的狐狸,居然冷笑着站在前面。 「为什么!」老虎很不甘心的对狐狸说道。「我们再比一次。这次从这里出发。」 「可以啊,那么」狐狸大声地说道「好—砰!」 老虎跑得比刚才更拼命了,在竹林中前行。「好,这次肯定是我赢」 虽然是这样想的,但是跑到开始的地方时,发现狐狸又站在那里了。 「老虎先生,跑得可真慢啊。」 老虎怎么都不甘心,一次又一次,反反复复地比了七次。但是,都是一样的结果。 「可恶,我怎么能输呢!」精疲力尽的老虎流着不甘心的眼泪,回到了中国。 但是回到中国后的老虎对输给狐狸这故事吗?好像老虎的威猛总是输给狐狸呢。老虎和狐狸赛跑谁输谁赢呢?在故事件事怎么都不甘心,命令自己的随从猫「你们去日本,给我咬死那个狐狸!」 但是,老虎送到日本去的那只猫是个冒失鬼,把『狐狸』听成了『老鼠』,就这样来到了日本。 所以,听说即使是现在,猫一看到老鼠还要追着到处跑呢。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>