• 【日本民间故事】咕嘟咕嘟

    开点。这样一来,饭就做好了。”[/cn] [en]「うん、いいよ」[/en] [cn]“恩,好的。”[/cn] [en]ぐつが番をしてると、おばあさんが言うように、おかまがぐつぐつとよびました。[/en] [cn]咕嘟看着灶,果然如奶奶说的那样,灶咕嘟咕嘟的叫了。[/cn] [en]「はーい、おかまどん」ぐつは言われた通り、おかまのふたを少しずらしました。[/en] [cn]“是,灶”咕嘟就按照所说的那样,把灶盖稍微挪开了一点。[/cn] [en]ところがおかまはまだにえたって、ぐつぐつと言うのです。[/en] [cn]可是,灶还在煮,所以依然咕嘟咕嘟得叫着。[/cn] [en]「はーい、はーい」何度返事をしても、まだ、ぐつぐつ、ぐつぐつと言うのです。[/en] [cn]“是,是”不管回复多少次,依然咕嘟咕嘟得叫着。[/cn] [en][w]とうとう[/w]ぐつは、怒ってしまって、「このおかま、おらが返事してるのが聞こえねえのか!」と、言うと、ふたをけ飛ばして、たきぎや石ころを投げ込みました。[/en] [cn]渐渐地,咕嘟就生日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本气了,说道:“这个灶,到底有没有听到我的回答啊!”然后就把盖子扔飞了,把柴和石头扔了进去。[/cn] [en]やっとぐつぐつ言わなくなったのでぐつが安心していたら、おばあさんがもどってきて、「何て事をしてくれたんだ!これでは、ご飯が食べられねえでねえか」と、怒られてしまったという事です。[/en] [cn]终于不再咕嘟咕嘟得叫了,咕嘟放心了。后来,奶奶回来后,就怒道:“你看看你都干了些什么!这样一来,还怎么吃饭啊”。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 【日本民间故事】懂得感恩的猴子

    日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本

  • 【日本民间故事】老虎和狐狸的赛跑

    林中前行。「好,这次肯定是我赢」[/cn] [jp]そう思ったのですが、最初の場所にはすでにキツネが立っています。[/jp] [cn]虽然是这样想的,但是跑到开始的地方时,发现狐狸又站在那里了。[/cn] [jp]「トラさん。遅かったですねえ。」[/jp] [cn]「老虎先生,跑得可真慢啊。」[/cn] [jp]トラは、またまたくやしがり、もう一回、もう一回と、それから七回も競争を繰り返しました。 でも、何度やっても同じ事です。[/jp] [cn]老虎怎么都不甘心,一次又一次,反反复复地比了七次。但是,都是一样的结果。[/cn] [jp]「ちくしょう、おれさまが負けるなんて!」[w]くたくた[/w]にくたびれたトラは、くやし涙をこぼしながら中国へ帰って行きました。[/jp] [cn]「可恶,我怎么能输呢!」精疲力尽的老虎流着不甘心的眼泪,回到了中国。[/cn] [jp]けれど中国に帰ったトラは、キツネに負けた事がどうしてもくやしくて、自分の[w]家来[/w]のネコに命令しました。「お前たち、日本へ行って、キツネに噛みついてやれ!」[/jp] [cn]但是回到中国后的老虎对输给狐狸这日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本件事怎么都不甘心,命令自己的随从猫「你们去日本,给我咬死那个狐狸!」[/cn] [jp]でもトラが日本へ送ったネコは、とてもあわてん坊のネコで、『キツネ』と『ネズミ』と聞き間違えて日本に来てしまったのです。[/jp] [cn]但是,老虎送到日本去的那只猫是个冒失鬼,把『狐狸』听成了『老鼠』,就这样来到了日本。[/cn] [jp]それで今でも、ネコはネズミを見つけると、追いかけまわすのだそうです。[/jp] [cn]所以,听说即使是现在,猫一看到老鼠还要追着到处跑呢。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 【日本民间故事】川场温泉

    扣得敲了几次地面。[/cn] [en]「よし、これならいけそうだ」そして錫杖を振り上げた大師が力強く振り下ろすと、そこからたちまち[w]湯煙[/w]があがって豊富なお湯がわきはじめたのです。[/en] [cn]“好嘞,这样的话应该可以了。”大师举起锡杖用力得敲了下去,不一会儿就从那里冒出了热气,源源不断的热水开始涌了出来。[/cn] [en]「これは、温泉!お坊さま、ありがとうございます!」老婆は大喜びで大師にお礼を言おうとしましたが、気づいたときには大師の姿はなかったそうです。[/en] [cn]“这是温泉啊!大师,太感谢您了!”老婆婆大喜,想日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本好好谢谢大师,可是注意到的时候大师已经不见踪影了。[/cn] [en]川場温泉では今でも[w]湯船[/w]のそばに弘法大師をまつっており、この温泉の湯は脚気に効くと評判だそうです。[/en] [cn]在川场温泉,至今还在浴室里供奉着弘法大师,听说那温泉水对治脚气很有效。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 【日本民间故事】善光寺的柱子

    几根绳子,几十个人一起用力一点点得往山下运,可是好不容易拖了四、五百米了,却不小心把大树掉落了谷底。[/cn] [en]「しっ、しまったー!」谷底は深く、どうしても引き上げる事が出来ません。[/en] [cn]“惨,惨了!”谷底很深,怎么也拉不上来了。[/cn] [en]「これほどの木は、そうあるものではない。このまま善光寺の本堂の役に立たずに、こんなところで腐っていくのはもったいない。この木も、さぞ[w]無念[/w]に思っておるだろう」きこりの親方や木を運び出す親方たちが谷底に集まって残念そうに話し合っていると、谷底に横たわっていた大木が、ぶるぶると震え出しました。[/en] [cn]“这样的树可不常有啊。不能被善光寺的正殿所用,腐烂在这种地方,可真是浪费了啊。这棵树也一定是深感遗憾吧。”樵夫师傅和运树师傅们一起在谷底这样深表遗憾的说时,躺在谷底的大树居然不停得晃了起来。[/cn] [en]木の震えはますます大きくなって、まわりの雑木林の木までが震えはじめました。[/en] [cn]树震得越来越厉害,甚至连周围的杂木林也开始震了起来。[/cn] [en]「こ、これは、どうしたんじゃ!」親方たちがびっくりしていると大木は静かに浮き上がり、[w]けわしい[/w]谷底から善光寺めざして飛んでいったのです。[/en] [cn]“这,这是,怎么回事!”师傅们还在吃惊时大树就悄悄得浮了起来,从险峻的谷底冲着善光寺飞了过去。[/cn] [en]木を引っぱるために大木に結んであったたくさんのつなが風になびいて、まるで竜の[w]ひげ[/w]や脚のようにも見えます。[/en] [cn]为了拉树捆在大树上的很多绳子随风飘动,看上去就好像龙的胡须和脚。[/cn] [en]田んぼや畑で仕事をしていたお百姓たちは、空を見あげながら、「竜だ!竜が飛んでおるぞ!」と、声をあげて驚きました。[/en] [cn]在农田里干活的农民抬头看着天空吃惊得大喊着:“是龙!龙在飞啊!”[/cn] [en]こうして谷底に落ちてしまった大木は自分の力で善光寺まで飛んでいき、本堂の本柱になったのです。[/en] [cn]就这样掉日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本落到谷底的大树凭借自己的力量飞到了善光寺,成了正殿的柱子。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日本民间故事:河童的报恩

    边走。”[/cn] [en]吾平はカッパに案内されるまま、川へと行きました。「ここだ。怖い物が、家の入り口をふさいでおるだろ」[/en] [cn]吾平在河童的带领下,向河边走去。“这里了,恐怖的东西正堵着我家门口。”[/cn] [en]見ると川岸にある岩穴に、どこから流れてきたのか馬ぐわがはさまっています。[/en] [cn]仔细一看,原来是河边的某个洞穴里,堵了不知道从哪里流过来的水田耙。[/cn] [en]「怖い物とは、これか?まあ、カッパはむかしから、金物に弱いというからな」[/en] [cn]“所谓的可怕的东西,就是指这个?算了,听说河童一直都是很怕金属器具。”[/cn] [en]吾平さんはすぐに川に入って、馬ぐわを取ってやりました。[/en] [cn]吾平立刻进入河里,把水田耙取了出来。[/cn] [en]するとカッパは、とても喜んで、「ありがとう。お礼に、これからは川を守って洪水が出んようにしてやるから」と、言って、何度も頭を下げながら川に入っていきました。[/en] [cn]河童很高兴,说道“谢谢你。作为报答,今后我会守住河流不让洪水过来。”一边不停的鞠躬一边到河里去了。[/cn] [en]それからは大雨で川棚川の水が増しても、吾平の家の周りには何の被害もなかったそうです。[/en] [cn]之日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本后下大雨时,川棚川水就算再涨,也不会殃及到吾平家附近。[/cn] [en]そして時々、吾平の家の戸口には、おいしそうな川魚が置いてあるのでした。[/en] [cn]而且,有时候,吾平家的门口还有放着看上去很好吃的河鱼。[/cn] [en]一般的にカッパはイタズラ好きの悪い妖怪ですが、川棚川のカッパはとても良いカッパで、村人たちと仲が良かったそうです。[/en] [cn]一般来说河童是喜欢恶作剧的坏妖怪,不过听说川棚川的河童却是很善良的河童,和村民们关系很好。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日本民间故事:豆腐和酱的争吵

    进了两者之间。[/cn] [en]「こらこら、二人とも、つまらん事でけんかをするんじゃない。このわしを見てみろ。色は黒いし、体は切られるし、おまけに味もない。それでもジッと我慢しているんだぞ」[/en] [cn]“好了好了,你们两个总是为一点无聊的事情吵架。你们看看我,颜色是黑的,还要被切,还没有味道,可即便如此,不日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本还是忍着嘛。”[/cn] [en]「・・・なるほど」[/en] [cn]“・・・的确如此”[/cn] [en]「・・・確かにに、その通りね」[/en] [cn]“・・・是啊,真的是这样耶”[/cn] [en]とうふとおみそは、[w]つくづく[/w]とこんにゃくの体を見ました。[/en] [cn]豆腐和酱仔细得看了看魔芋。[/cn] [en]「それに良く考えてみろ。お前たちは元々、大豆(だいず)から出来ていて、いわば親戚(しんせき)同士じゃないか。親戚同士でけんかをするなんて、とんでもない。わしなんか、誰も親戚がいなくていつも一人ぼっちだ」[/en] [cn]“而且你们仔细想想,你们都是用大豆做出来的,不就是亲戚嘛。亲戚总是吵架可不得了。我连什么亲戚都没有。”[/cn] [en]するとおみそが、とうふに言いました。「そうだ。[w]こんにゃく[/w]の言う通りだ。おれたちは親戚同士、仲良くしなくちゃいかん」[/en] [cn]酱听了之后对豆腐说道:“是啊。正如魔芋所说,我们是亲戚,应该团结友爱啊。”[/cn] [en]とうふも、言いました。「本当にね。変な事を言ってごめんなさいね。これからはコンニャクさんも一緒に、みんな仲良くしましょう」[/en] [cn]豆腐也说道:“是啊。说了不好听的话不好意思哦。今后,包括魔芋,大家都要一起好好的。”[/cn] [en]そこで、とうふとおみそとコンニャクは一緒になって、おみそ汁という、おいしい料理になったという事です。[/en] [cn]于是,豆腐和酱和魔芋一起,做成了好喝的味增汤。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日本民间故事:小白爱犬的报恩

    日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本

  • 【日本民间故事】投胎转世的山鸡

    沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习。 [en]むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで[w]評判[/w]の小僧さんがいました。[/en] [cn]很久很久以前,有个很聪明的小和尚叫一休。[/cn] [en]その一休さんが、大人になった頃のお話です。[/en] [cn]这个故事是在一休成为大人后的事。[/cn] [en]一休さんが近江の国(おうみのくに→滋賀県)のあるお寺にいた時の事、左の目が悪い老人が夢の中に現れて言いました。[/en] [cn]那是一休在近江国(滋贺县)某个寺庙里的事,一个左眼失明的老人出现在梦里对他说道。[/cn] [en]「わたしは、三年前に死んだ喜介(きすけ)ともうします。隣村に住む角助(かくすけ)の父親で、今はキジに生まれかわっています。何日かすると、この地で[w]役人[/w]がタカ狩りをします。タカに追われたわたしは、このお寺へ逃げ込んできます。そしたらどうか、わたしをかくまってください。わたしは人間だった時に、左の目をけがで失いました。キジに生まれかわった今でも、左の目は見えません」[/en] [cn]“我叫喜介,在三年前死去。我是住在邻村的角助的父亲,现在投胎成了山鸡。过几天,这里会有官员来猎鹰。被猎鹰追逐的我会逃到这座寺庙里。到时候请一定要帮我掩护一下啊。我在做人的时候左眼因为受过伤所以失日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本明了。现在投胎做了山鸡,左眼还是看不到。”[/cn] [en]老人は泣きながら、そう語りました。[/en] [cn]老人哭着这样说道。[/cn] [en]何日かたつと、お寺のある山里で役人たちがタカ狩りを始めました。[/en] [cn]过了几天之后,在寺庙所在的山村里,官员们开始猎鹰了。[/cn] [en]するとタカに追われたキジが、お寺の庭に逃げ込んできました。[/en] [cn]然后被鹰追逐的山鸡逃进了寺庙的院子里。[/cn] [en]そのキジの左目を見ると、病気なのか真っ白です。[/en] [cn]看了一下山鸡的左眼,不知道是什么病因,全白的。[/cn] [en]それを見た一休さんは、夢の話を思い出しました。[/en] [cn]看到这之后的一休想起了梦里的话。[/cn] [en]「これは、夢に出てきた喜介」一休さんはそのキジをかかえると、お寺の土間(どま)のお釜(かま)に入れて隠しました。[/en] [cn]“这是梦里出现的喜介啊。”一休抱着那只山鸡,藏到了寺庙土地房间的锅里。[/cn] [en]そしてタカ狩りが終わると一休さんはキジを連れて、隣村の角助の家をたずねていきました。[/en] [cn]等到猎鹰结束后,一休带着山鸡去了邻村角助家。[/cn] [en]そして夢の話を、くわしく聞かせました。[/en] [cn]并把梦里的话详细得告诉了角助。[/cn] [en]「そう言えば親父は、生まれ変わるならキジに生まれ変わって空を飛びたいと申していました」[/en] [cn]“这样说来,父亲是说过如果要投胎转世的话,想变成山鸡飞到天空去。”[/cn] [en]角助は父親の生まれかわりのキジをもらい受けると、一生大切にしたという事です。[/en] [cn]角助收下了父亲转世的山鸡,一生都很珍视。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日本民间故事:燕子的“殉情”

    到了秋天的空中。[/cn] [en]それから間もなく娘はかぜをこじらせて病気になり、やがて息をひきとりました。[/en] [cn]在那之后不久,女儿因为感冒拖延日久就患了病,不久就去世了。[/cn] [en]また、春がやってきました。ある日の事、二羽のツバメが元気に鳴きながら家へやって来ました。[/en] [cn]春天终于来了。有一天,两只燕子精神地叫着飞回到了家中。[/cn] [en]ツバメは娘の姿を探しているのか、家の中を飛びまわっています。[/en] [cn]燕子似乎在寻找女儿的身影,在家里面飞来飞去的。[/cn] [en]母親がツバメを見ると、娘が足に結んだ赤い糸が見えました。[/en] [cn]母亲在燕子脚上看到了女儿绑着的红绳。[/cn] [en]母親は涙をこぼしながら、ツバメたちに言いました。「あんたたちを可愛がって育ててくれた娘はね、このお正月に病気で死んでしまったのよ。もう、ここにはいないの。娘に会いたいなら、お寺の裏にあるお墓へ行きなさい。左のすみに、娘のお墓があるから」[/en] [cn]母亲含着泪对燕子说道:“之前宠你们把你们养大的我女儿在过年时生病死了。已经不在这里了。如果你们想看看她,就去寺庙后面的墓地吧。左边角落里的就是我女儿的墓。”[/cn] [en]母親の言葉がわかったのか、ツバメは悲しそうに鳴くと外へ飛び立っていきました。[/en] [cn]似乎是明白了母亲的话,燕子悲鸣一声就向外面飞去。[/cn] [en]ツバメが家に来た三日後は、娘の月の[wj]命日[/wj]です。[/en] [cn]燕子来家里后的第三天就是女儿的月忌。[/cn] [en]両親は春の花を持って、娘のお墓へお参りに行きました。[/en] [cn]父母拿着花去女儿的墓地里祭拜。[/cn] [en]すると何かが、娘のお墓の前に落ちています。「おや?あれは何だろう?」見てみると、足に赤い糸をつけた二羽のツバメが死んでいたのです。[/en] [cn]这时不知道什么东西掉在了女儿墓前。“哎呀,那是什么呀?”仔细一看,是脚上绑了红绳的两只燕子死了。[/cn] [en]両親の目から、涙があふれ出ました。「ツバメさえ、こんなにしたっていた娘なのに」両親は二羽のツバメのなきがらを小箱に入れて、娘のお墓に一緒にうめてやったそうです。[/en] [cn]父母热泪盈眶:“虽说是燕子,可却会为了女儿做这样的事啊。”父母把两只燕子的遗骸装入小箱子里一起埋在了女儿的墓里。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。