• 中日对照:《欢迎来我家》小说(三)

    将是快乐的暑假回忆。仓田和父亲都对此深信不疑。[/cn] [en]どこまでも晴れ渡る空と海がはるか彼方で一直線に融合している。凪いでいる海はそれ自体鏡面のようになめらかで、空の青さを忠実に映し込む鏡のようであった。[/en] [cn]晴空万里的天空和一望无际的大海在遥远的天际融为一体。风平浪静的海面好像它原本就是个镜面一样平滑,像镜子般真实地照映出了天空的蔚蓝。[/cn] [en]釣り宿で道具一式とバケツを借りて、防波堤での釣りだった。倉田が船酔いしたりするのを心配したのだと思う。乗り合いの船にシロウト二人が乗り込んではどんな迷惑を掛けるかもわからない。そんな遠慮もあったかも知れない。[/en] [cn]在钓鱼人旅馆处,父子俩借了一整套的道具和铁桶,决定要在防波堤上钓鱼。仓田还担心自己会晕船。也不知道两个门外汉会给共同乘船的人们带来怎样的麻烦呢。这样的远虑也是有的。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(二) [en]タバコの箱だ。[/en] [cn]是香烟的盒子。[/cn] [en]ショートホップ。[/en] [cn]Short hop 。[/cn] [en]そういえば、さっきの男の胸ポケットからなにかが飛び出したなと思ったとき、なぜだろう、忘れかけていたある記憶がまざまざと蘇った。そひて、唐突に蘇ったその記憶の断片にふれた瞬間、倉田はその小さな箱から視線を逸らすことができなくなった。[/en] [cn]话说回来,自己还在想刚刚男子胸口口袋什么东西飞出来的时候,也不知怎地,那些都快忘记的记忆却清清楚楚的回想了起来。然后,仓田被那些突然恢复起的记忆碎片搞得神经恍惚,视线怎么都没法从那个小盒子移开。[/cn] [en]あれは——あれは、たしか小学四年生の夏休みのことだった。宿題をがんばるからと頼み込み、仕事が忙しい父に無理をいって釣りに連れていってもらったのは。[/en] [cn]记得那好像是小学四年级暑假的事情。以会好好做作业为理由死命恳求工作繁忙的父亲抽空带自己去钓鱼。[/cn] [en]父は東京の下町にあった会社で経理をやっていた真面目な男だった。ちょうど日本が高度成長期にさしかかっていた頃、製造業全盛の時代で仕事は忙しく、帰りは毎晩終電近い。いまのように週休二日ではなかったし、父は、日曜日もほとんど休み無く働いて家にいなかった記憶がある。[/en] [cn]父亲是东京下町某公司的会计,是一个非常认真的男人。日本恰好进入经济高度发展期,又因制造业处于繁盛时期,所以父亲每天工作都很忙,每天都是坐末班车回家。[/cn] [en]夏休みだというのに家族で遊びに行く計画はまるで無くて、倉田は日々を持て余していた。毎日ラジオ体操へ行き、学校のプールへ行く。でも、それだけ。[/en] [cn]明明是暑假,但是完全没有全家人一起出游的计划,仓田难以打发无聊的每日。他每天都是去学校做做广播体操,游游泳。也就只有这样而已。[/cn] [en]そんなとき、友たちの誰かが父親に海釣りへつれていってもらったことを自慢しているのを聞いて、自分も無性に行きたくなった。[/en] [cn]那时,也不知道听到朋友中的哪位很骄傲的炫耀着父亲带他去海边钓鱼的事情,自己也不由得变得想去钓鱼了。[/cn] [en]「じゃあ、一日だけだぞ。」[/en] [cn]那就只能去一天哦 。[/cn] [en]頼み込んだ倉田に父はそういうと翌日には日程を決め、あちこち釣り好きの人に聞いてどうすれば道具が揃えられるのかとか、どこで何が釣れるのかといったことを調べてきた。約束はしたものの、山育ちの父はそもそも海釣りというものをしたことが無かったのだ。[/en] [cn]面对一再恳求的仓田,父亲一说完此话就马上决定好了第二天的日程,还问了很多喜欢钓鱼的人如何准备工具,在哪里能钓到鱼等,做了很多调查工作。虽说已经约定好了,但在山中长大的父亲也从来没去海边钓过鱼。[/cn] [en]しかし、一旦こうと決めると、それに向かってこつこつと準備をするのが父の性分で、約束の日までにはおおよその手配を済ませていた。[/en] [cn]但父亲的性格就是一旦决定好了就会朝着那个方向认真的准备。到了约定之日,大体的准备也都结束了。[/cn] [en]その日、まだ夜が明けきらぬ頃に父に起こされた倉田は、始発のバスと電車を乗り続いで館山の海へと出掛けた。[/en] [cn]那天那还没亮,仓田就被父亲叫醒,连续乘着第一班公车和电车向着馆山的海洋出发了。[/cn] [en]房総半島を下る列車の窓から海を眺めながら、倉田ははしゃいでいた。[/en] [cn]仓田一边从经过房总半岛的窗户向外眺望海边,一边欢闹着。[/cn] [en]「父さん、どんな魚が釣れるかな」[/en] [cn]爸爸,我们会钓到什么鱼呢?[/cn] [en]「目標、何匹?ぼく、百匹。すっごく、釣れるんだって。」[/en] [cn]目标是几只呢?我要钓一百只哦,据说能钓到超级多呢。[/cn] [en]「釣れたら、その場で料理して食べるらしいよ。ねえ、うちにも持って帰るけど、ぼくたちのお昼ご飯はそれにしようよ」[/en] [cn]如果钓到的话据说可以在那里直接做了吃哦。虽然也带回家,但是我们的午饭就吃那个吧。[/cn] [en]座席でぴょんぴょん飛び跳ねんばかりに興奮している倉田に話を合わせながら、父も楽しそうに笑っていた。[/en] [cn]父亲也很开心的笑着跟在座位上都快要蹦跶着飞起来了的超级兴奋的仓田说话。[/cn] [en]楽しい夏休みの思い出。そうなることを倉田も父も疑っていなかった。[/en] [cn]这将是快乐的暑假回忆。仓田和父亲都对此深信不疑。[/cn] [en]どこまでも晴れ渡る空と海がはるか彼方で一直線に融合している。凪いでいる海はそれ自体鏡面のようになめらかで、空の青さを忠実に映し込む鏡のようであった。[/en] [cn]晴空万里的天空和一望无际的大海在遥远的天际融为一体。风平浪静的海面好像它原本就是个镜面一样平滑,像镜子般真实地照映出了天空的蔚蓝。[/cn] [en]釣り宿で道具一式とバケツを借りて、防波堤での釣りだった。倉田が船酔いしたりするのを心配したのだと思う。乗り合いの船にシロウト二人が乗り込んではどんな迷惑を掛けるかもわからない。そんな遠慮もあったかも知れない。[/en] [cn]在钓鱼人旅馆处,父子俩借了一整套的道具和铁桶,决定要在防波堤上钓鱼。仓田还担心自己会晕船。也不知道两个门外汉会给共同乘船的人们带来怎样的麻烦呢。这样的远虑也是有的。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:相叶雅纪主演春季月9《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十九)

    不假思索的说出了疑问。仓田一边呵哧呵哧的用浴巾擦着洗澡打湿的头发,一边从冰箱里拿出罐装啤酒咕噜咕噜着喝着。不一会儿350毫升的啤酒就空了,在想着年轻真好之前脑海里首先浮现出的是真浪费啊。[/cn] [en]「ひょっとして何か落とし物してさ、それを届けようとしてたんじゃないのかよ。うっかりだからなあ」[/en] [cn]“会不会是你丢了什么,他送过来啊。毕竟你这么马虎。”[/cn] [en]「あるある」[/en] [cn]“有有有,有这种情况”[/cn] [en]七菜と妻が同時に笑い声を上げ、倉田は不機嫌になった。そんなことがあるはずはない。奴の目を見ればそれはわかる。[/en] [cn]七菜和妻子同时笑出声来,仓田一下子郁闷了。怎么可能会有这种事呢。看了那个男的眼睛的话就知道了。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十八) [en]「へえ。なかなかやるじゃん」[/en] [cn]“诶,还蛮能干的嘛。”[/cn] [en]代々木駅からの話をすると、七菜は感心したようにいった。[/en] [cn]跟家人说了之后,七菜佩服的说着。[/cn] [en]「それどこじゃない。尾行を巻くのに大変だったんだぞ」[/en] [cn]“这个不是重点啦。被人跟踪不是很糟糕吗?”[/cn] [en]冷たいビールが渇ききった喉に染み渡る。汗だくのシャツを脱ぎ捨て、手早くシャワーを浴びてようやくひと心地付いたところだった。[/en] [cn]灌下一瓶冰啤。脱下满是汗的衬衣,扔在一旁,麻利地洗了个澡,总算是有点回过神了。[/cn] [en]「なんか刑事に追われる犯人みたいじゃん」[/en] [cn]“整个就像是被警察追着的犯人嘛。[/cn] [en]「それをいうなら、犯人に追われる刑事だ。正義が悪に遠慮する世の中だからな」[/en] [cn]“非要这么说的话,应该是被犯人追着的刑警。因为这是一个正义害怕邪恶的社会。”[/cn] [en]倉田がまじめくさった顔でいい、それにしても恐ろしい世の中だなあ、とありきたりな感想を口にした。[/en] [cn]仓田一本正经的说着。不过依然是个可怕的社会呢,仓田又说着老一套的感受。[/cn] [en]「でもさ、オヤジ。本当に尾けられてたのかよ?」[/en] [cn]“不过爸爸,你真的被跟着了吗?”[/cn] [en]すかさず疑義を挟んだのは健太だった。シャワーで濡れた髪をバスタオルでごしごしやりながら、冷蔵庫から自分にも缶ビルを出してくると喉を鳴らして飲んだ。あっという間に三百五十ミリリットルの缶が空になって、若いということはいいもんだという感想以前に、もったいないな、という思いが浮かぶ。[/en] [cn]健太不假思索的说出了疑问。仓田一边呵哧呵哧的用浴巾擦着洗澡打湿的头发,一边从冰箱里拿出罐装啤酒咕噜咕噜着喝着。不一会儿350毫升的啤酒就空了,在想着年轻真好之前脑海里首先浮现出的是真浪费啊。[/cn] [en]「ひょっとして何か落とし物してさ、それを届けようとしてたんじゃないのかよ。うっかりだからなあ」[/en] [cn]“会不会是你丢了什么,他送过来啊。毕竟你这么马虎。”[/cn] [en]「あるある」[/en] [cn]“有有有,有这种情况”[/cn] [en]七菜と妻が同時に笑い声を上げ、倉田は不機嫌になった。そんなことがあるはずはない。奴の目を見ればそれはわかる。[/en] [cn]七菜和妻子同时笑出声来,仓田一下子郁闷了。怎么可能会有这种事呢。看了那个男的眼睛的话就知道了。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十六)

    有路的地方。树木遮挡住了仓田的身影,因为从沥青路转变为了泥土路,所以脚步声也不怎么听得到了。他的计划是先跑到丛林中,然后再从那边穿过横跨在市政道路上的天桥。[/cn] [en]直進すれば自宅に続く道に出るが、もう限界だった。あえて市道に続く小径を駆け下りて、道路脇のコンビニに駆け込む。[/en] [cn]从那直走的话出去的话就会看到通往自己的道路,这已经是极限了。铤而走险往连着市镇道路的小路跑去,跑进了道路旁的便利店。[/cn] [en]前にこれはどの距離を休まず走ったのはいつのことだったか思い出せなかった。喉が貼り付くように痛み、心臓は口から飛び出しそうになっている。[/en] [cn]仓田都记不起上一次像这样无休止的奔跑是什么时候了。喉咙像黏住了一样痛,感觉心脏都要从嘴里蹦出来了。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十五) [en]もう一人の自分は、あの、館山の防波堤で父のシャツの袖をぎゅっと握りしめた自分だ。[/en] [cn]另一个的自己是那个在馆山的防波堤坝紧紧抓着父亲衬衫袖子的自己。[/cn] [en]父の気持ちに思いを馳せ、倉田は微妙に表情を歪めた。[/en] [cn]渐渐体会到父亲心情的仓田表情扭曲的很微妙。[/cn] [en]そのとき、車道を走ってきた車のヘッドライトが一瞬、視界を白く染め上げたのを見計らい、倉田は一戸建てが並ぶ住宅街のはうへと足早に折りれた。そして————駆ける。[/en] [cn]这时,仓田摸准在车道上行驶的车辆的前照灯照的人一瞬间看不见的时机,加快脚步拐进了独户住宅并列的住宅街。然后,跑了起来。[/cn] [en]全力疾走で五十メートルも走ると、息が切れ始めた。百メートルも走った頃には心臓が飛び出しそうになる。耳の後ろで鼓動を感じた。だが同時に、倉田の聴覚は、自分の荒い呼吸の合間に、スニーカーの足音が混じるのをしっかりと捉えていた。[/en] [cn]全力快跑了五十多米,仓田开始上气不接下气。当跑了一百多米,他感觉心脏都快要跳出来了。仓田感受到了耳根的跳动。但是与此同时,他还清楚地听到了自己剧烈的呼吸声中还夹杂着运动鞋的脚步声。[/cn] [en]振り返って見たとたん、倉田は悲鳴を上げそうになった。髪を振り乱して追いかけてくる男の姿を見てしまったからだった。まるで闇夜を追いかけてくる山姥(やまんば)か、般若のようだ。[/en] [cn]刚一回过头,仓田差点就要惊叫起来。因为他看见了一头乱发的男子正追上来。看起来就像是在追赶黑夜的面目狰狞的山姥。[/cn] [en]必死の思いで多目的公園に逃げ込み、そこから先は土地勘を生かして道無き道を走った。木々が倉田の姿を遮蔽し、地面がアスファルトから土に変わったことで靴音も響かなくなる。鴨池公園の雑木林目指して走り、それを抜けて市道の上に架かった橋を渡った。[/en] [cn]抱着必死的决心,仓田逃进了多功能公园,之后便充分利用对地域的熟知度跑到了一个完全没有路的地方。树木遮挡住了仓田的身影,因为从沥青路转变为了泥土路,所以脚步声也不怎么听得到了。他的计划是先跑到丛林中,然后再从那边穿过横跨在市政道路上的天桥。[/cn] [en]直進すれば自宅に続く道に出るが、もう限界だった。あえて市道に続く小径を駆け下りて、道路脇のコンビニに駆け込む。[/en] [cn]从那直走的话出去的话就会看到通往自己的道路,这已经是极限了。铤而走险往连着市镇道路的小路跑去,跑进了道路旁的便利店。[/cn] [en]前にこれはどの距離を休まず走ったのはいつのことだったか思い出せなかった。喉が貼り付くように痛み、心臓は口から飛び出しそうになっている。[/en] [cn]仓田都记不起上一次像这样无休止的奔跑是什么时候了。喉咙像黏住了一样痛,感觉心脏都要从嘴里蹦出来了。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:更多日剧欢迎来我家资讯>>

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十一)

    到了郁闷。[/cn] [en]それを証明するかのように、倉田の横顔には、いま列の後尾近くから向けられた男の視線が食い込んでいた。[/en] [cn]似乎是在证明这一点,队伍后面的那个男子,死死地盯着仓田的侧脸看。[/cn] [en]また新たなバスがターミナルに入ってきて、倉田は気づかないふりを装って男の様子を観察する。視線の端でとらえた男は、じっとこちらの様子を窺っていた。[/en] [cn]又有新的公车进站了,仓田佯装没注意到的样子偷偷地观察着那个男的样子。视线偏角里的那个男的一直在偷窥着这边的情况。[/cn] [en]まさか同じ町に住んでいたとは![/en] [cn]没想到竟然住在同一个城镇。[/cn] [en]なんて偶然なんだろう、と思ったとき、全く別の考えが浮かんで倉田ははっとした。[/en] [cn]仓田心想着应该是凑巧什么的吧,因为完全想不出其他的理由反而觉得后背发凉。[/cn] [en]尾けてきたんじゃないだろうか?[/en] [cn]应该不是跟踪什么的吧。[/cn] [en]代々木からここまで、あの男は倉田の後を尾けてきたのかも知れない。[/en] [cn]可能那个男的是从代代木车站开始就一直跟踪仓田到这里。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐: 《欢欢迎来我家》小说(十) [en]倉田の家は、横浜市の港北ニュータウンにある。自宅の最寄り駅は、横浜市営地下鉄の「センター南駅」だ。[/en] [cn]仓田的家在横滨市的港北新城。离自家最近的车站是横滨市的市营地铁[中心南站]。[/cn] [en]渋谷から最寄り駅までは、田園都市線を乗り継いで約三十分かかる。山手線は混雑していたが私鉄に遅れの影響はなく、夏休みのせいかいつもより空いている車内で、倉田は文庫本を読んで過ごした。[/en] [cn]从涉谷到最近的车站,换乘市郊线后,大约要30分钟。虽然山手线很拥挤,但它不会受私营地铁的影响而晚点,也许是暑假的原因,电车比往常都要空闲,仓田就读起了文库本打发时间。[/cn] [en]市営バスの列に並び、ちょうどターミナルに入ってきたバスの行き先を確認しようと目で追っていた倉田であったが、自分が並んでいる列の後方に視線を移したところで体を硬くした。[/en] [cn]排在市营公交的队伍中,想要确认刚刚进入终点站的公交的去向的仓田,当他往自己站的队伍后方看去的时候,身体一下子僵硬了。[/cn] [en]さっきの男がそこにいたからだった。[/en] [cn]因为他看到了刚刚那个男的也在队伍中。[/cn] [en]代々木駅で倉田が順番抜かしを阻止したあの男が、そこにいる。[/en] [cn]刚刚在代代木车站想要插队但被仓田制止了的那个男的,站在那里。[/cn] [en]まさかと思ったが、素通りさせた視線の端にとらえた姿は、さっきの男に間違いないように思えた。[/en] [cn]仓田心想着不会吧,但是印入眼帘的那个身影,分明就是刚刚的那个男的。[/cn] [en]同時に、男もまた倉田のことに気づいている——そんな確信のようなものが胸に湧き、ふいに倉田を息苦しくさせる。[/en] [cn]与此同时,那个男的也再次注意到了仓田。总觉得他好像在确认什么,这样想着仓田不免又感到了郁闷。[/cn] [en]それを証明するかのように、倉田の横顔には、いま列の後尾近くから向けられた男の視線が食い込んでいた。[/en] [cn]似乎是在证明这一点,队伍后面的那个男子,死死地盯着仓田的侧脸看。[/cn] [en]また新たなバスがターミナルに入ってきて、倉田は気づかないふりを装って男の様子を観察する。視線の端でとらえた男は、じっとこちらの様子を窺っていた。[/en] [cn]又有新的公车进站了,仓田佯装没注意到的样子偷偷地观察着那个男的样子。视线偏角里的那个男的一直在偷窥着这边的情况。[/cn] [en]まさか同じ町に住んでいたとは![/en] [cn]没想到竟然住在同一个城镇。[/cn] [en]なんて偶然なんだろう、と思ったとき、全く別の考えが浮かんで倉田ははっとした。[/en] [cn]仓田心想着应该是凑巧什么的吧,因为完全想不出其他的理由反而觉得后背发凉。[/cn] [en]尾けてきたんじゃないだろうか?[/en] [cn]应该不是跟踪什么的吧。[/cn] [en]代々木からここまで、あの男は倉田の後を尾けてきたのかも知れない。[/en] [cn]可能那个男的是从代代木车站开始就一直跟踪仓田到这里。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐: 《欢迎来我家》小说合集>> 2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(八)

    到了另一侧去。[/cn] [en]「おい、そんなとこに入れるなよ」[/en] [cn]‘喂,你别投到那种地方去啊’[/cn] [en]男が迷惑そうにいったのはそのときだった。「潮の流れでからまっちまうじゃねえかよ」[/en] [cn]男子一副很困扰的样子说着。‘潮水是往我们这边流的,你这样我们不就会缠到一起了。’[/cn] [en]「ちょっと、それは違うんじゃないですか」[/en] [cn]‘等等,你这话说的不太对吧?’[/cn] [en]黙っていた父が初めて口をきいた。[/en] [cn]沉默已久的父亲第一次开口说话了。[/cn] [en]「なにが?」[/en] [cn]‘什么?’[/cn] [en] 男がひねくれた聞き方をする。「何が違うんでよ。文句あるんならいってみな」「私たちが先にここで釣ってたんじゃないですか。それを後から来てなんですか、あなたたち」 [/en] [cn]男子明知故问。‘什么不对。你要是有什么不满的话说说看啊’ ‘明明是我们先来这边钓鱼的啊,你们不是后来才来的吗?’[/cn] [en]「あなたたちだってよ」[/en] [cn]‘我说你们啊’[/cn] [en]二人は顔を見合わせてふん、と鼻で笑う。「知ったことかよ。ここはな、どこで釣ったっていいんだ。嫌ならお前らが他へ移りな」[/en] [cn]男子两人相视之后,嗤的一声笑了。‘你们知道吗,这里可是谁都可以钓的地方哦,你们要是不喜欢的话尽可以移到其他地方去’[/cn] [en]父は黙って、男の顔を見つめた。[/en] [cn]父亲默不作声地一直盯着男子的脸。[/cn] [en]そして黙って立ち上がる。それを見て男が身構えたのがわかったが、「行こう」と倉田に声を掛けたところで争う気がないと見抜くと、小馬鹿にするような笑いが男達の間で湧き上がった。[/en] [cn]然后一言不发地站了起来。见此,男子本来都摆出了要打架的姿势,但看到父亲只是叫仓田离开,根本没有要争得意思,男子们就鄙视般的笑了起来。[/cn] [en] 倉田は父にいわれるまま、黙って釣り道具をもってその場から離れた。あんなことされて父は腹が立たないのだろうか。何でもっと言い返さないんだろう。たまに倉田を叱るときみたいに、もっとガツンといってやればいいのに。[/en] [cn]仓田乖乖地听着父亲的话,默默地拿着钓具离开了那个地方。都遇到这样的事了,难道父亲就不会生气吗?不管什么也好,难道就不会反驳吗?就像偶尔骂仓田那样,再凶一点不就好了。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(七) [en]倉田が、いったん竿を上げエサがまだあることを確認してもう一度投げ入れようとしたとき、倉田より早く、隣の男が竿を出した。[/en] [cn]仓田收起鱼竿,姑且确认好鱼饵还在,想要再次将其投入水中时,隔壁的男子抢先了仓田一步。[/cn] [en]それまで倉田が釣っていた辺りに、男のウキが漂いはじめ、倉田は仕方なくその向こう側へと投げた。[/en] [cn]男子的鱼漂儿开始漂浮在仓田一直钓鱼的地方,无奈的仓田只好投到了另一侧去。[/cn] [en]「おい、そんなとこに入れるなよ」[/en] [cn]‘喂,你别投到那种地方去啊’[/cn] [en]男が迷惑そうにいったのはそのときだった。「潮の流れでからまっちまうじゃねえかよ」[/en] [cn]男子一副很困扰的样子说着。‘潮水是往我们这边流的,你这样我们不就会缠到一起了。’[/cn] [en]「ちょっと、それは違うんじゃないですか」[/en] [cn]‘等等,你这话说的不太对吧?’[/cn] [en]黙っていた父が初めて口をきいた。[/en] [cn]沉默已久的父亲第一次开口说话了。[/cn] [en]「なにが?」[/en] [cn]‘什么?’[/cn] [en] 男がひねくれた聞き方をする。「何が違うんでよ。文句あるんならいってみな」「私たちが先にここで釣ってたんじゃないですか。それを後から来てなんですか、あなたたち」 [/en] [cn]男子明知故问。‘什么不对。你要是有什么不满的话说说看啊’ ‘明明是我们先来这边钓鱼的啊,你们不是后来才来的吗?’[/cn] [en]「あなたたちだってよ」[/en] [cn]‘我说你们啊’[/cn] [en]二人は顔を見合わせてふん、と鼻で笑う。「知ったことかよ。ここはな、どこで釣ったっていいんだ。嫌ならお前らが他へ移りな」[/en] [cn]男子两人相视之后,嗤的一声笑了。‘你们知道吗,这里可是谁都可以钓的地方哦,你们要是不喜欢的话尽可以移到其他地方去’[/cn] [en]父は黙って、男の顔を見つめた。[/en] [cn]父亲默不作声地一直盯着男子的脸。[/cn] [en]そして黙って立ち上がる。それを見て男が身構えたのがわかったが、「行こう」と倉田に声を掛けたところで争う気がないと見抜くと、小馬鹿にするような笑いが男達の間で湧き上がった。[/en] [cn]然后一言不发地站了起来。见此,男子本来都摆出了要打架的姿势,但看到父亲只是叫仓田离开,根本没有要争得意思,男子们就鄙视般的笑了起来。[/cn] [en] 倉田は父にいわれるまま、黙って釣り道具をもってその場から離れた。あんなことされて父は腹が立たないのだろうか。何でもっと言い返さないんだろう。たまに倉田を叱るときみたいに、もっとガツンといってやればいいのに。[/en] [cn]仓田乖乖地听着父亲的话,默默地拿着钓具离开了那个地方。都遇到这样的事了,难道父亲就不会生气吗?不管什么也好,难道就不会反驳吗?就像偶尔骂仓田那样,再凶一点不就好了。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十二)

    要到仓田平日利用的车站了。 [/cn] [en]誰かが降車ボタンを押し、何人かが降りていった。男は——。[/en] [cn]不知道谁按下了下车按钮,有几个人下车了。那个男的。[/cn] [en]まだそこにいた。[/en] [cn]还在那里。[/cn] [en]じっと前を向いたまま窓ガラスに映った表情の中で、その目がなにを見ているのかわからない。[/en] [cn]仓田一直向前看,窗户玻璃中倒映出来的仓田的表情,完全看不出他在看什么。[/cn] [en]扉が閉まり、家路へと続く馴染みの景色が後方へと流れていくのを倉田は複雑な思いで見送る。発車してすぐに次のバス停を告げるアナウンスが流れた。 男の動きはなく、また何人かの乗客が降りていった。 車内は次第に空いてきて、立っているのは倉田と男を入れても数人になった。次の停留所で、ちょうど前の席にいたOLが降り、入れ替わりに倉田はその座席に滑り込んだ。それで車両前方で吊革につかまっている男の姿がよく見えるようになった。[/en] [cn]关门了,仓田用一种复杂的心情看着回家的路上熟悉的风景渐渐地向后退去。车子一开,车内马上就开始播报起了下一停车站站名。男子还是无所行动,又有几个乘客下车了。车内渐渐变空,加上仓田和那个男的也才几个人。接下来的一个车站,刚好仓田前面位置的职业女性下车了,他就顺势坐了下来。因为如此,他也能更好地看见车辆前方抓着吊环的男子的身影了。[/cn] [en]座席に座り、ぼんやりと車内を眺める気のない視線で、倉田は男を改めて観察した。[/en] [cn]坐在位置上的仓田用一种发呆的,无意观望车内的眼神再次好好观察了男子一番。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十一) [en]じっとりとした汗が体から吹き出し、尻ポケットから出したハンカチで額を拭ったとき、轟々とエンジン音を響かせてやってきたバスが倉田の前に止まった。[/en] [cn]汗流不止的仓田从裤子后面口袋拿出手帕擦了擦额头,伴随着喧嚣的发动机声,公交停在了仓田面前。[/cn] [en]やはり花火の帰り客らしい浴衣姿の若者が何人か乗り合わせ、バスはいつになく混雑していた。 [/en] [cn]有几个似乎是去观看烟花的穿着浴衣的乘客上车后,不知何时公交就变得拥挤起来了。 [/cn] [en]車内で立ったまま、倉田の神経はバスの前部に集中している。[/en] [cn]站在公交上,仓田全神贯注于前方。[/cn] [en]吊り革につかまり、見慣れた光景を流しながらふと視点を変えると、窓ガラスには緊張した面持ちの自分の顔と、少し離れたところでやはり同じ方向を向いている男の姿が窓に映っていた。[/en] [cn]抓着吊环,司空见惯的风景不断向后退后,不经意间换了一下视角,发现窗户上倒映着紧张神情的自己还有在稍远处一直看着自己这边的那男的身影。[/cn] [en]どこまで行くつまりだろうか。オレを尾けているのか。いや、もしかすると本当にこの辺りに住んでいるのかも——。[/en]  [cn]他究竟打算去哪里呢?是在跟踪我吗?不,也许是正好住在这附近呢?[/cn] [en]疑心暗鬼になった倉田の胸にそのとき湧いてきたのは、いつものバス停で降りないほうがいいのではないかという考えだった。[/en] [cn]疑心疑鬼的仓田当时在心里考虑的是不要在平日的车站下车是不是比较好。[/cn] [en]同時に、男がどこまで乗っていくのかも気になった。倉田より早く降車するのなら、心配は杞憂だったことになる。[/en] [cn]与此同时,他也很在意那个男的究竟要去哪里。如果那个男的比仓田早下车的话,那就是杞人忧天啦。 [/cn] [en]そんなことを考えているうちに、倉田がいつも利用しているバス停が近づいてきた。[/en] [cn]在这么想的时候,很快就快要到仓田平日利用的车站了。 [/cn] [en]誰かが降車ボタンを押し、何人かが降りていった。男は——。[/en] [cn]不知道谁按下了下车按钮,有几个人下车了。那个男的。[/cn] [en]まだそこにいた。[/en] [cn]还在那里。[/cn] [en]じっと前を向いたまま窓ガラスに映った表情の中で、その目がなにを見ているのかわからない。[/en] [cn]仓田一直向前看,窗户玻璃中倒映出来的仓田的表情,完全看不出他在看什么。[/cn] [en]扉が閉まり、家路へと続く馴染みの景色が後方へと流れていくのを倉田は複雑な思いで見送る。発車してすぐに次のバス停を告げるアナウンスが流れた。 男の動きはなく、また何人かの乗客が降りていった。 車内は次第に空いてきて、立っているのは倉田と男を入れても数人になった。次の停留所で、ちょうど前の席にいたOLが降り、入れ替わりに倉田はその座席に滑り込んだ。それで車両前方で吊革につかまっている男の姿がよく見えるようになった。[/en] [cn]关门了,仓田用一种复杂的心情看着回家的路上熟悉的风景渐渐地向后退去。车子一开,车内马上就开始播报起了下一停车站站名。男子还是无所行动,又有几个乘客下车了。车内渐渐变空,加上仓田和那个男的也才几个人。接下来的一个车站,刚好仓田前面位置的职业女性下车了,他就顺势坐了下来。因为如此,他也能更好地看见车辆前方抓着吊环的男子的身影了。[/cn] [en]座席に座り、ぼんやりと車内を眺める気のない視線で、倉田は男を改めて観察した。[/en] [cn]坐在位置上的仓田用一种发呆的,无意观望车内的眼神再次好好观察了男子一番。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十)

    坏了,真是不甘心。[/cn] [en]だが、自分も同じように親になって、あれと同じ場面に出くわしたとき果たしてどうするだろうかと考えてみると、やはり倉田もまた父と同じようにその場から離れるのではないかという気がした。[/en] [cn]但是当自己也为人父之后,再考虑到如果遇到了跟当时一样的情况自己究竟会怎么做时,可能自己也会跟父亲一样选择离开那个地方吧。[/cn] [en]子どもの前でケンカするわきにもいかないし、あんなふうに言い返してくる相手に何を言っても無駄なのだ。[/en] [cn]在孩子面前又不可能打架。再说了,对于那种巧言善变的家伙说什么也无济于事。[/cn] [en]とどのつまり倉田もまた父親譲りの温厚な人柄であり、さっきのように不遜な男を制するなどということは、倉田の性格からすると極々珍しいことだった。少しやりすぎたかも知れないが、それについては倉田の行動に同意する声が上がったことで救われた気がする。さらに、渋谷駅で降りるとき、さっきの浴衣姿の娘さんが小さな会釈をくれたことでわだかまりは完全に消え、いつもの通勤帰りの風景がようやく戻ってきた。[/en] [cn]到头来,仓田还是继承了父亲乐于让人的温厚的性格。像刚刚那样去制止毫不讲理的男子,对仓田来说也是极其罕见的事情。虽然可能有点做过头了,但是大家都对仓田的举动发出了赞赏之声,这才让仓田稍微放心了些。另外,在涉谷车站停站下车时,刚刚穿浴衣的女孩子还对他点了点头,仓田这才完全消除了内心的疙瘩。一直以来工作结束回家路上的风景也终于恢复了正常。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(九) [en]「よし。また釣ろう」[/en] [cn]‘好了,再来钓鱼吧’[/cn] [en]やがて、何事もなかったように父はいった。相当無理しているに違いなかったが、倉田のほうはすっかり意気消沈してしまっていた。[/en] [cn]不一会儿,父亲就像什么都没发生过一样轻松地的说道。很明显父亲是在勉强自己,仓田更是早已意志消沉了。[/cn] [en]のろのろとエサをつけ、再び竿を出す。だが、ウキは海のひととこに定位し、二度と動こうとはしない。時折、堤防の突端をまんまと占領した男達の嬌声が聞こえた。[/en] [cn]慢腾腾地挂上鱼饵,再一次抛出了鱼竿。但是鱼漂儿被固定在了大海的某个地方,纹丝不动。时不时还能听到轻而易举占据了堤坝那头的男子尖锐的声音。[/cn] [en]どれだけそうしていただろう。やがて、あきらめたように父がため息をついた。「帰ろうか、健太」[/en] [cn]究竟是为什么会变成这样呢。很快的,像是要放弃般父亲深叹了一口气。要回家吗,健太?[/cn] [en]竿を畳んで立ち上がるとき、父は足元でへしゃげているタバコの空き箱をそっと拾い上げると、それが大切なものであるかのようにズボンのポケットに入れた。[/en] [cn]收好竿起身的时候,父亲悄悄地捡起了压扁的香烟盒,宝贝般放到了裤子的口袋中。[/cn] [en]忘れ去るには貴重すぎ、思い出すには苦すぎる、そんな記憶だった。あれからもう四十年以上の時が過ぎ去り、ホームを滑り出した山手線のドアの窓には、あの当時の父よりも歳をくった自分の顔が映っている。結局、自分の人生の中で、父と楽しい記憶は数えるほどしかないのに、あんなごろつきみたいな連中に汚されたことが悔しい。[/en] [cn]想要忘记却又太过重要,想要深藏记忆之中却又太过痛苦。就是这样的一段记忆。从那以后已经过去四十年有余,慢慢划过站台的山手线的门的窗户上照映着比当时的父亲还要上了年纪的自己的脸庞。结果,自己这一生中与父亲仅有的那么一点快乐回忆却被那些流氓一样的家伙给破坏了,真是不甘心。[/cn] [en]だが、自分も同じように親になって、あれと同じ場面に出くわしたとき果たしてどうするだろうかと考えてみると、やはり倉田もまた父と同じようにその場から離れるのではないかという気がした。[/en] [cn]但是当自己也为人父之后,再考虑到如果遇到了跟当时一样的情况自己究竟会怎么做时,可能自己也会跟父亲一样选择离开那个地方吧。[/cn] [en]子どもの前でケンカするわきにもいかないし、あんなふうに言い返してくる相手に何を言っても無駄なのだ。[/en] [cn]在孩子面前又不可能打架。再说了,对于那种巧言善变的家伙说什么也无济于事。[/cn] [en]とどのつまり倉田もまた父親譲りの温厚な人柄であり、さっきのように不遜な男を制するなどということは、倉田の性格からすると極々珍しいことだった。少しやりすぎたかも知れないが、それについては倉田の行動に同意する声が上がったことで救われた気がする。さらに、渋谷駅で降りるとき、さっきの浴衣姿の娘さんが小さな会釈をくれたことでわだかまりは完全に消え、いつもの通勤帰りの風景がようやく戻ってきた。[/en] [cn]到头来,仓田还是继承了父亲乐于让人的温厚的性格。像刚刚那样去制止毫不讲理的男子,对仓田来说也是极其罕见的事情。虽然可能有点做过头了,但是大家都对仓田的举动发出了赞赏之声,这才让仓田稍微放心了些。另外,在涉谷车站停站下车时,刚刚穿浴衣的女孩子还对他点了点头,仓田这才完全消除了内心的疙瘩。一直以来工作结束回家路上的风景也终于恢复了正常。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(七)

    见此况的父亲很明显已经不知所措了。[/cn] [en]そのワイシャツの袖を倉田が掴む。何かいってやってよ、と目で訴えた。[/en] [cn]仓田一直抓着父亲白色衬衫的袖子。一双眼睛似乎在说着你快说点什么啊。[/cn] [en]ぷしゅっという音がして、男の一人が缶ビールを開けた。喉を鳴らして飲み、今度はその缶を自分の前にではなく、倉田の前あたりに置く。派手なゲップが聞こえて倉田の怒りに油を注いだとき、自分のウキが動いた。それを見た男の一人が、おっ、というのが聞こえたが、アワせるのが少し遅くて逃げられた。[/en] [cn]随着扑哧一声,其中一个男子打开了一瓶罐装啤酒。如饥似渴地喝着。这次也依然没把瓶子放在自己的前面,而是径直放在了仓田的前面。听到他打了个响嗝,仓田正怒火中烧的时候,他的鱼漂儿竟然有动静了。另一个男子也注意到了,还 叫了一声哦,为此仓田赶紧加快了收杆的速度,但还是来不及,鱼早已逃走了。[/cn] [en]「ああっ」[/en] [cn]‘啊’[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(六) [en]「さあて、いい天気だし。今日は釣るぞ。」[/en] [cn]“今天天气真好啊。钓鱼咯”[/cn] [en]一番端に陣取った一人がいい、それからいきなり何かを海中に投げ入れた。撒き餌だ。軽くではなく、まるで野球のピッチャーが投げ込むような鋭い腕の振りで、どぼん、という物音とともにエサが倉田のウキを撹乱する。[/en] [cn]占领了最边上的一个男子说道,还冷不防地往海中扔东西。他在撒鱼饵。力道一点都不轻,像棒球投手般灵敏地挥舞着手臂,只听“扑通“一声,鱼饵搅乱了仓田的鱼漂儿。[/cn] [en]あ、という小さな声を上げ、倉田は隣の男を見た。男は素知らぬふりを決め込み、同じことをもう一度繰り返すと、鼻歌を歌い始めた。[/en] [cn]仓田小声地‘啊’了一声,看了看旁边的男子。男子却坚持佯装不知情,反复操作着一样的事,哼起了小曲。[/cn] [en]場所を奪おうとしているのは、明らかだった。広い堤防に場所はいくらでもあるのに、きっと倉田たちが釣れているのを見て、やってきたに違いなかった。[/en] [cn]很明显他们想要抢夺这块地方。宽敞的堤坝上明明还有很多其他可以钓鱼的地方,他们一定是看到仓田他们钓到了鱼才过来的。[/cn] [en]こいつらは敵だ、と倉田は思った。相手は大人かも知れないが、そういうやり方がルール違反なのは子供同士だって同じだからわかる。[/en] [cn]仓田觉得这些人是他们的敌人。虽然说对方可能是成年人了,但就连小孩子都知道这是不合规矩的做法。[/cn] [en]次に男達がやったことといえば、持ってきた荷物を自分たちの後ろに置くのではなく、わざと倉田と父親の後ろに置くことだった。仕掛けの入った大きなバッグが二つ、これ見よがしにドシッという音と共に父がかけている折りたたみ椅子のすぐ後ろに放り投げられる。[/en] [cn]要说到男子们接下来做的事,他们并非把带来的行李放在自己的身后,而是故意地放在了仓田和他父亲的背后。两个大手提袋里装满了钓鱼用的东西,像是故意炫耀般,咚的一下扔在了父亲放折叠椅的背后。[/cn] [en]それをちらりと見た父親はあきらかに迷っているようだった。[/en] [cn]瞥见此况的父亲很明显已经不知所措了。[/cn] [en]そのワイシャツの袖を倉田が掴む。何かいってやってよ、と目で訴えた。[/en] [cn]仓田一直抓着父亲白色衬衫的袖子。一双眼睛似乎在说着你快说点什么啊。[/cn] [en]ぷしゅっという音がして、男の一人が缶ビールを開けた。喉を鳴らして飲み、今度はその缶を自分の前にではなく、倉田の前あたりに置く。派手なゲップが聞こえて倉田の怒りに油を注いだとき、自分のウキが動いた。それを見た男の一人が、おっ、というのが聞こえたが、アワせるのが少し遅くて逃げられた。[/en] [cn]随着扑哧一声,其中一个男子打开了一瓶罐装啤酒。如饥似渴地喝着。这次也依然没把瓶子放在自己的前面,而是径直放在了仓田的前面。听到他打了个响嗝,仓田正怒火中烧的时候,他的鱼漂儿竟然有动静了。另一个男子也注意到了,还 叫了一声哦,为此仓田赶紧加快了收杆的速度,但还是来不及,鱼早已逃走了。[/cn] [en]「ああっ」[/en] [cn]‘啊’[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(四)

    不动一下。[/cn] [en]「釣れないな、父さん。」[/en] [cn]“钓不到呢,爸爸”[/cn] [en]三十分ほど粘ってから、場所を変える。水筒の水を喉に流し込み、首筋にしたたり落ちる汗を腕で拭った。[/en] [cn]大约又坚持了30分钟,他们换了个地方。拼命地喝着水壶里的水,用手臂擦去从脖颈滴下来的汗水。[/cn] [en]それでも、結果は同じだった。[/en] [cn]即便如此,结果还是一样。[/cn] [en]「釣り宿のおじさんは釣れるっていってたのにね。なんでだろ」[/en] [cn]钓鱼人旅馆处的老爷爷明明说可以钓到呢,这究竟是为什么呢?[/cn] [en]「時間とか場所とかあるかも知れないね。」[/en] [cn]也许也有时间和场地的问题。[/cn] [en]温厚な父は、釣れなくても一向に苛々することなく、倉田に付き合って堤防を移動する。何度かそんなことを繰り返しているうち、ついに二人は堤防の突端まで来た。釣りをはじめて二時間近く経って頃だったと思う。さすがにここまで来ると、二人の間にもあきらめのムードが漂いはじめていたのだが、「ここでダメならどうすればいいか船宿のオヤジさんにきいてみよう」という父の言葉で、竿を出す。倉田が見つめていた丸ウキが、すっと海中に引き込まれたのはその直後のことだった。[/en] [cn]一向敦厚的父亲,就算钓不到鱼也不会烦躁,他带着仓田移动到了提防。在反复做着这样的行为的同时,两个人不知不觉已经来到了提防的尾端。从开始钓鱼起应该快要将近两个小时了。事已至此,两个人的心中果然都开始萌生想要放弃的念头了。父亲一边说着“要是在这里都钓不到的话怎么办。要不要去问问船员旅馆的老爷爷们?”一边伸出了鱼竿。紧接着,仓田一直盯着的鱼漂儿瞬间就被卷入了大海中。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(三) [en]防波堤に釣り人はほとんどなく、それを見た途端、わあっ、をいって倉田は駆け出した。両膝に手をおいて海を覗き込むと、小さな魚が群れているのが見えた。生暖かい潮の香りがした。[/en] [cn]一看到防波堤上没多少钓鱼的人,仓田就哇了一声兴奋地跑了起来。双手放在膝盖上,俯瞰大海,可以看到很多小鱼成群结队的游来游去。还能闻到微暖的潮水的味道。[/cn] [en]「いるいる、父さん。いっぱいいるよ。ここで釣ろうよ!」[/en] [cn]“有鱼有鱼,爸爸。有好多鱼哦。我们就在这边钓鱼吧”[/cn] [en]まどろっこしいほど迷いながら父は釣り竿をセットして、貸してもらったおりたたみの椅子を広げた。いよいよ楽しみにしていた釣りの始まりだ。ぎらぎらと照りつける日差しがランニングシャツから出た肩や腕を焼いている。海からの照り返しに目を細めながら練りエサをつけたハリを放り投げると、倉田はぽっかりと浮かんだ丸ウキを眺めた。[/en] [cn]还有点迷惑的父亲慢腾腾地放好鱼竿,展开借来的折叠椅。终于要开始期待已久的钓鱼了。从运动背心中露出来的肩膀和手臂曝晒在毒辣的日光下。因为海面的反射,仓田眯着眼睛,将挂着拌和鱼饵的针抛甩出去,然后一直盯着漂浮着的圆圆的鱼漂儿。[/cn] [en]隣に座った父も竿を出し、麦わら帽子でタバコをくゆらせ始める。[/en] [cn]坐在旁边的父亲也伸出了鱼竿,带着草帽抽起了烟。[/cn] [en]静かだった。[/en] [cn]一片寂静。[/cn] [en]じっと見ていると海面のかすかな動きに合わせてウキはゆっくりと上下に動いている。[/en] [cn]凝神看的话会发现鱼漂儿会配合着微弱的海面浮动而缓缓地上下浮动着。[/cn] [en]さっきみたい小魚の群れはいなくなり、透明な水の中をときおり魚の背が横切る以外、動きはない。[/en] [cn]像刚刚一样的小鱼群已经不见了。清澈的水中除了偶尔穿梭过几只鱼以外,一定动静都没有。[/cn] [en]だが、ウキはぴくりとも動かなかった。[/en] [cn]可是,鱼漂儿根本动都不动一下。[/cn] [en]「釣れないな、父さん。」[/en] [cn]“钓不到呢,爸爸”[/cn] [en]三十分ほど粘ってから、場所を変える。水筒の水を喉に流し込み、首筋にしたたり落ちる汗を腕で拭った。[/en] [cn]大约又坚持了30分钟,他们换了个地方。拼命地喝着水壶里的水,用手臂擦去从脖颈滴下来的汗水。[/cn] [en]それでも、結果は同じだった。[/en] [cn]即便如此,结果还是一样。[/cn] [en]「釣り宿のおじさんは釣れるっていってたのにね。なんでだろ」[/en] [cn]钓鱼人旅馆处的老爷爷明明说可以钓到呢,这究竟是为什么呢?[/cn] [en]「時間とか場所とかあるかも知れないね。」[/en] [cn]也许也有时间和场地的问题。[/cn] [en]温厚な父は、釣れなくても一向に苛々することなく、倉田に付き合って堤防を移動する。何度かそんなことを繰り返しているうち、ついに二人は堤防の突端まで来た。釣りをはじめて二時間近く経って頃だったと思う。さすがにここまで来ると、二人の間にもあきらめのムードが漂いはじめていたのだが、「ここでダメならどうすればいいか船宿のオヤジさんにきいてみよう」という父の言葉で、竿を出す。倉田が見つめていた丸ウキが、すっと海中に引き込まれたのはその直後のことだった。[/en] [cn]一向敦厚的父亲,就算钓不到鱼也不会烦躁,他带着仓田移动到了提防。在反复做着这样的行为的同时,两个人不知不觉已经来到了提防的尾端。从开始钓鱼起应该快要将近两个小时了。事已至此,两个人的心中果然都开始萌生想要放弃的念头了。父亲一边说着“要是在这里都钓不到的话怎么办。要不要去问问船员旅馆的老爷爷们?”一边伸出了鱼竿。紧接着,仓田一直盯着的鱼漂儿瞬间就被卷入了大海中。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(一)

    台上稀稀落落的混杂着穿着浴衣的年轻人,弥漫着夏日夜晚的风情味道。  [/cn] [en]花火はともかく、浴衣姿を見るのはなかなかいいものだな。そんなことを倉田が思ったときのことである。すぐ近くの階段を上がってきた若い男が、人の列を無視して車内に入ろうとした。きゃっ、という声があがり、男の肩に突き当てられた浴衣姿の娘がよろめく。[/en] [cn]先不说烟花,光是看到穿浴衣的人就是极好的。这就是仓田当时的想法。从旁边楼梯上来的年轻男子,无视排队的人群想要进到车内。突然响起“啊”的一声,一个穿浴衣的女孩子被男人的肩膀撞了一下,摇摇晃晃的。  [/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐: