• 中日对照:《欢迎来我家》小说(三十三)

    下属说话“小山你可以来下吗?”他只是想表达他现在没时间理仓田。[/cn] [en]「あのね、真瀬さん。もう少し真面目にやってもらえませんかね」角の立たないようにいったつもりだったが、真瀬のきっとなった顔が振り返った。[/en] [cn]“我说真濑桑。你可以稍微认真一点吗?”本想圆滑的表达出来,但真濑却转过头来一脸严肃。[/cn] [en]「真面目にやれってどういうことだよ。オレが不真面目だとでもいうのか」[/en] [cn]“认真一点你是指什么,你是说我不认真吗?”[/cn] [en]「不真面目とまではいいませんけど、二千万円のドリルが見当たらないんですよ。もっと慌ててもいいと思うんですけど」[/en] [cn]“虽然不能说不认真,但是现在可是2000万日元份额的钻头找不到了啊。我觉得你完全可以再着急一点。”[/cn] [en]「無くなったわけじゃないだろ」真瀬は気色ばんだ。「帳簿が間違ってるかもしれないし。そういうのは調べたのかよ」[/en] [cn]“又不是不见了。”真濑一下子变脸了。“也许只是账簿出错了。你调查过了吗!”[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(三十二) [en]「え、現物が無い?」[/en] [cn]“诶?没有原物吗?”[/cn] [en]その日の午後、取引先経由で出社してきた真瀬のところへ行って事情を説明すると、相手は指先で頬のあたりを搔きながら首を傾げた。[/en] [cn]那天中午,(仓田)去刚从交易方处那回来的真濑那把事情说明了一下,他用手指挠着脸颊侧着头。[/cn] [en]「一応、配送センターでも確認してもらったんですが、真瀬さんが仕入れたドリルは在庫にないっていうんですよ。いくらドリルでも、二千万円といえば相当なユニット数になるはずですから、見落とすわけありませんね」[/en] [cn]“我已经先跟配送中心那边确认过了,他们说真濑桑采购的钻头并不在库存中。就算是钻头,但是2000万日元份额的话是相当大的单位数,所以不可能会看漏。[/cn] [en]「おかしいな。といっても、急にそんなこといわれても困るんで、ちょっと時間くれますかね」[/en] [cn]“好奇怪啊。但话虽如此,你突然跟我说这样的事我也很困扰啊。能给我点时间吗?”[/cn] [en]今年五十五歳になる真瀬はそういうと、忙しさを強調するため、ろくに倉田のほうを見もしないでデスクの上を片付け始めた。近づくと、オーデコロンの匂いがする。クソ暑いのに黒っぽいダブルのスーツに派手なネクタイを合わせ、時計は何とかというブランドの高級品——といってもそれは香港出張の際買い求めたニセ物で一日毎に一分進むという噂だ。部長といってもブランド品で固められるほどナカノ電子部品の給料がいいわけではない。[/en] [cn]今年55岁的真濑说完后,为了显示自己很忙,都不怎么看仓田开始整理办公桌。走近一点就会闻到古龙香水的味道。明明这么热还穿着双层套装,戴着花哨的领带,手表看起来总觉得是高档品但那只是去香港出差时买的假货,据说每天都会前进一分钟。虽说是部长,但中野电子零件的工资绝非能撑得住高档品的消费。[/cn] [en]「金額が大きいので、できるだけ早く確認してもらえませんか。社長に報告しなければならないんで」[/en] [cn]“因为金额有点大,所以可以麻烦你早点确认吗?我必要要尽快跟社长报告。”[/cn] [en]「はいはい」[/en] [cn]“是是是”[/cn] [en]めんどくさいそうに真瀬はいい、「ああ、山ちゃん。ちょっといいかな」と部下の一人に声をかける。倉田に付き合っている暇はないといいたいのだ。[/en] [cn]真濑一脸麻烦死了的说着,转头跟下属说话“小山你可以来下吗?”他只是想表达他现在没时间理仓田。[/cn] [en]「あのね、真瀬さん。もう少し真面目にやってもらえませんかね」角の立たないようにいったつもりだったが、真瀬のきっとなった顔が振り返った。[/en] [cn]“我说真濑桑。你可以稍微认真一点吗?”本想圆滑的表达出来,但真濑却转过头来一脸严肃。[/cn] [en]「真面目にやれってどういうことだよ。オレが不真面目だとでもいうのか」[/en] [cn]“认真一点你是指什么,你是说我不认真吗?”[/cn] [en]「不真面目とまではいいませんけど、二千万円のドリルが見当たらないんですよ。もっと慌ててもいいと思うんですけど」[/en] [cn]“虽然不能说不认真,但是现在可是2000万日元份额的钻头找不到了啊。我觉得你完全可以再着急一点。”[/cn] [en]「無くなったわけじゃないだろ」真瀬は気色ばんだ。「帳簿が間違ってるかもしれないし。そういうのは調べたのかよ」[/en] [cn]“又不是不见了。”真濑一下子变脸了。“也许只是账簿出错了。你调查过了吗!”[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(二十一)

    得很复杂,但还是想着太好了,然后不断被反驳的坏印象也随着猛喝的啤酒的苦涩一起沉进了肚中。[/cn] [en]「ヘンなことされなくて良かったよ。気を付けたほうがいいよ、ほんとに」妻もいい、誰もがそれで一件落着だと思った。翌朝、玄関先のダリアが何者かに抜き取られ、踏み荒らされているのを発見するまでは。[/en] [cn]“没对你做什么奇怪的事真是太好了。果然还是小心点好啊。”妻子说到。大家都觉得此事告一段落了。直到大家第二天发现正门处的大丽花被什么人拔出踩烂了。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(二十) [en]オタク、か。たしかにそういう表現がぴったりくる雰囲気ではあった。[/en] [cn]宅男,啊。他确实给人一种这样的感觉。[/cn] [en]「そういう奴ってのはさ、度胸は無いくせに陰湿な性格してるんだ。だから、オヤジの後を尾けて、文句をいう機会をうかがっていた可能性がある」[/en] [cn]这种人,明明没胆子但是性格却又很阴暗。所以说,他很有可能是跟在爸爸后面,伺机寻找抱怨的机会。[/cn] [en]そんなはずはないと、倉田は思った。[/en] [cn]仓田觉得没有这种可能性。[/cn] [en]もしそうなら、バスを降りたときに声を掛ければ済んだはずだ。[/en] [cn]如果是这样的话,下公车的时候直接说出来不就好了。[/cn] [en]そしていまから考えると、危害を加えようとしたわけでもないような気がする。その気があるんなら、なんらかの行動を起こせたはずだからだ。背後から石を投げつけるとか。[/en] [cn]而且现在想想的话,感觉他可能并非是想加害自己。如果有这个想法的话。应该早就有所行动了。比如从背后扔石头过来什么的。[/cn] [en]だが、あの男はそうしなかった。[/en] [cn]但是那个男的却没这么做。[/cn] [en]「顔を見られたからじゃない?」七菜の意見は一理ある。[/en] [cn]“是不是因为他看到了你的脸?”七菜的话有一定的道理、[/cn] [en]「だけど、顔を見られたぐらいで相手を特定することなんてできないだろ」健太の意見もたしかに一理。健太はさらに、「もうひとつ考えられるな」といった。[/en] [cn]“但是就只是看到脸的话没办法锁定对象吧。”健太的话确实也有一定的道理。健太接着说:“我又想到一个了”[/cn] [en]「男はオヤジを尾行することを隠さなかったんでしょ。オヤジが気づいた後も堂々と尾行を続けたわけだ。そのときオヤジはびびったんじゃない?」そうきかれて、倉田は押し黙った。[/en] [cn]“那个男的并没有掩饰他在跟踪爸爸对吧。爸爸发现后也依然光明正大地接着跟踪。那个时候爸爸害怕了吧?”被这么一问,仓田沉默了。[/cn] [en]オレはびびったのだろうか。もしびびったとしてもそれを認めたくはなかった。同じく、少年時代のあの夏、男達に嫌がらせをされた父もまた、びびっただろうか。[/en] [cn]我害怕了吗?就算真的害怕了我也不想承认。同样的,少年时代的那个夏天,被男子们找了麻烦的父亲也害怕了吗?[/cn] [en]「小市民なんだから仕方がないよ」[/en] [cn]“就只是个小市民而已,完全束手无策啊”[/cn] [en]慰めだか蔑みだかわからないことを健太はいい、「それが目的だったのかもよ」といった。[/en] [cn]“也不知是安慰还是鄙视的语气,健太说”也许那个就是(犯人)的目的”[/cn] [en]「そんなことのために、わざわざこんなところまで来るのか」[/en] [cn]“就为了这么点事,特意追到这种地方?”[/cn] [en]「港北ニュ-タウンは ”こんなとこ”じゃないよ。立派な町だ」[/en] [cn]“港北新村”可不是“这种地方”!它是非常美好的村子。[/cn] [en]理屈っぽい一面を垣間見せた健太は、「バス路線は違ったかも知れないけど、本当にこの近くに住んでるかも知れないしね」といった。[/en] [cn]“窥见到好辩的父亲的一面,健太说”可能公交线路是不一样的,但也有可能是真的住在这个附近。”[/cn] [en]「相手を恐怖に陥れる、か。たしかに、それはそれで一つの復讐になるよね」[/en] [cn]“想让对方陷入恐惧中。这样一来也算是一种复仇对吧。”[/cn] [en]七菜の言葉に、倉田は返す言葉が見つからない。だとすれば、自分は相手の術中に填った(はまった)ことになる。[/en] [cn]对于七菜的话,仓田找不到反驳的语言。这样的话自己不就正中对方下怀了。[/cn] [en]「だけどさ、そんなことで収まったんならいいじゃん。世の中、いろんなのがいるからさ。もしかしたら刺し殺されてたかも知れないぜ、オヤジ」[/en] [cn]“但是此事就这么结束了不是挺好的吗。这个社会可是有各种各样的事情呢。可能还会被刺死呢,爸爸。”[/cn] [en]「まあ、それはそうだな」[/en] [cn]“说的也是”[/cn] [en]歯切れも悪く倉田は認めた。「そんなこと」で終わったのが幸運だったのかと思うと複雑な気分だが、やったはずがやり返された後味の悪さは、飲み過ぎた後のビ-ルの苦みのように腹にたまった。[/en] [cn]仓田含含糊糊的承认了。虽然一想到以这样的事情结尾竟然可以说是幸运的心情就会变得很复杂,但还是想着太好了,然后不断被反驳的坏印象也随着猛喝的啤酒的苦涩一起沉进了肚中。[/cn] [en]「ヘンなことされなくて良かったよ。気を付けたほうがいいよ、ほんとに」妻もいい、誰もがそれで一件落着だと思った。翌朝、玄関先のダリアが何者かに抜き取られ、踏み荒らされているのを発見するまでは。[/en] [cn]“没对你做什么奇怪的事真是太好了。果然还是小心点好啊。”妻子说到。大家都觉得此事告一段落了。直到大家第二天发现正门处的大丽花被什么人拔出踩烂了。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(三十四)

    竟是人嘛。有这种事也很正常。”[/cn] [en]「こんな山になっているのにかい」[/en] [cn]“就算堆积如山?”[/cn] [en] 「山が大きすぎて壁と同じに見えちまったんです。ドリルに化かされた気分ですよ」 平井ははぐらかした。食えない男である。 [/en] [cn]“山太大了,我看成墙壁了。感觉它们化为了钻头。”平井试图改变话题。不好对付的家伙。[/cn] [en]「ともかく、在庫の数字が合ってよかったじゃないですか。ほんと、すみませんでした」[/en] [cn]“总之,库存的数字对上了不是很好吗?真的很抱歉。”[/cn] [en]「気をつけてくれよ」どうも釈然としない思いを抱えたまま、倉田はそういうしかなかった。[/en] [cn]“注意点啊”虽然依然无法释怀,但是仓田只能这么说。[/cn] [en]だが——。[/en] [cn]但是。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(三十三) [en]そのうち再確認を依頼していた配送センターからも連絡があって、やはり在庫にないことがわかり、事態は混迷の度合いを増していく。[/en] [cn]期间,曾经拜托过让他们再去确认一下的配送中心那边打来了电话,知道了果然不在库存里后,事态变得更加扑朔迷离了。[/cn] [en]ところが、その状況は終業時間まぎわにかかってきた一本の電話で思いがけない解決を見ることになった。[/en] [cn]但是,就在快到下班时间的时候,一通电话出乎意料的让事情有了转机。[/cn] [en]「ああ、倉田さんですか。一階の平井ですけど、ちょっと来ていただいてよろしいでしょうか」[/en] [cn]“啊,仓田桑吗?我是一楼的平井。你可以来一下吗?”[/cn] [en]相手は、平井光雄という倉庫を管理している配送課長だ。[/en] [cn]对方是管理仓库的配送课长平井光雄。[/cn] [en]「急ぎかい」[/en] [cn]“很急吗?”[/cn] [en]「ええ、ちょっと在庫の件で」[/en] [cn]“嗯,是关于库存的事。”[/cn] [en]「在庫?」[/en] [cn]“库存?”[/cn] [en]書類から顔を上げると、こちらを振り向いた摂子と目が合った。[/en] [cn]看着文件的仓田抬起头,跟回过头来的摄子对视了一眼。[/cn] [en]「この前棚卸しですっかり洩らしてしまったらしくて。申し訳ないですね」[/en] [cn]“之前的盘货似乎完全遗漏了。非常抱歉。”[/cn] [en]それから五分後、倉田は一階倉庫の奥、壁際に積まれたドリルの山を腕組みをしながら見上げていた。[/en] [cn]那之后的五分钟,在仓库深处,仓田一边叉着双手一边仰视着墙角堆积如山的钻头。[/cn] [en]手前の箱についている在庫票には、相模ドリルの名前と真瀬のハンコがある。[/en] [cn]贴在眼前的箱子上的库存票上印着相模电钻的名字和真濑的印章。[/cn] [en]「いやあ、部長、ホント、すみません」[/en] [cn]“啊,部长,真的很抱歉”[/cn] [en]平井は作業帽を両手で握りしめ、愛想笑いを浮かべた。[/en] [cn]平井双手握着工作帽,谄笑着。[/cn] [en]「しっかりしてくれよ。ドリルが二千万円分無くなったっていうんで騒いでたんだからさ。タベなんか西沢さんが遅くまで残業したんだよ」[/en] [cn]“你给我认真点啊!2000万日元份额的钻头不见了我们都很慌的,傍晚的时候,西沢桑还加班到很晚了啊.”[/cn] [en]「そうだったんですか。代わりに謝っといてくださいよ、部長。なんなら、デートでも付き合いますから」[/en] [cn] “是吗?那你就带我跟她道个歉吧,部长。要不,我和她约会也行。”[/cn] [en]四十男の平井は、何年か前に女房に出て行かれてからのチョンガーで、笑うとタバコのヤニで黄色くなった歯が剥き出しになる。[/en] [cn]四十岁的平井几年前被老婆赶了出来,现在是单身汉,一笑起来,因香烟的粘液而发黄的牙齿便暴露无遗。[/cn] [en]「一応聞いてみるけど、あんまり期待しないほうがいいね。それより、このドリルの数、合ってるんだろうね」[/en] [cn]“我姑且问一下,还是不要太期待为好吗?还有就是,钻头的数量是吻合的对吧?”[/cn] [en]「確認済みです」[/en] [cn]“已经确认过了。”[/cn] [en]差し出された在庫表を倉田は眺めた。数字と金額は帳簿とぴたりと一致する。ふと、自分の顔を窺っている平井に、「なんで昨日は見落としちゃったの」ときいた。[/en] [cn]仓田看着拿出来的库存表。数字和金额都跟账本完全一致。突然,向正在观察自己的平井提问道“为什么昨天看漏了”[/cn] [en]「なんでですかねえ」曖昧な返事を平井は寄越す。「なんでといわれても、まあ人間ですんで、そういうこともあるかと」[/en] [cn]“为什么呢。”平井模棱两可地回答着走了过来。“你说为什么,毕竟是人嘛。有这种事也很正常。”[/cn] [en]「こんな山になっているのにかい」[/en] [cn]“就算堆积如山?”[/cn] [en] 「山が大きすぎて壁と同じに見えちまったんです。ドリルに化かされた気分ですよ」 平井ははぐらかした。食えない男である。 [/en] [cn]“山太大了,我看成墙壁了。感觉它们化为了钻头。”平井试图改变话题。不好对付的家伙。[/cn] [en]「ともかく、在庫の数字が合ってよかったじゃないですか。ほんと、すみませんでした」[/en] [cn]“总之,库存的数字对上了不是很好吗?真的很抱歉。”[/cn] [en]「気をつけてくれよ」どうも釈然としない思いを抱えたまま、倉田はそういうしかなかった。[/en] [cn]“注意点啊”虽然依然无法释怀,但是仓田只能这么说。[/cn] [en]だが——。[/en] [cn]但是。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(三十五)

    以我就去找了,但是没有找到。如果真的像那样堆积如山的话,不管怎样都会知道的吧。”确实,摄子完全不觉得自己看漏了。[/cn] [en]「もしそうなら、あのドリルは今日になって運び入れたことにたる。どういうことだと思う?」[/en] [cn]“如果是那样的话,那那些钻头就是今天刚运进去的。你觉得这是怎么回事?”[/cn] [en]「それは——」[/en] [cn]“那是.......”[/cn] [en]摂子は戸惑いながらこたえた。「在庫が問題になったからじゃないですか。倉田部長に指摘されて、真瀬さんが手配したのかも」[/en] [cn]摄子疑惑地回答着。“应该是库存存在问题。可能是经过仓田部长指出,真濑桑筹备的。”[/cn] [en]「じゃあ、それまでドリルはどこにあった?」[/en] [cn]“那在那之前的钻头都去哪了?”[/cn] [en]さすがに摂子は首を傾げ、「それはわかりませんけど」とロごもったが、「でも、平井課長は嘘をついてると思います」とだけははっきりといった。[/en] [cn]就连那么厉害的摄子都摆摆头,支支吾吾地说着不知道,但是她很肯定地说着“但是我觉得平井课长在说谎。”[/cn] [en]嘘か。[/en] [cn]说谎啊。[/cn] [en]倉田は腕組みをして考えた。いったい、何のために?[/en] [cn]仓田叉着手思考。究竟是为了什么呢。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(三十四) [en]「あったよ、ドリル。一階で見落としてた」[/en] [cn]“找到了,钻头,在一楼,看漏了。”[/cn] [en]自席にもどって告げた倉田に、摂子が意外な反応を示した。[/en] [cn]面对回到位置如是说道的仓田,摄子显得很意外。[/cn] [en]「ほんとうですか。どこにあったんです?」[/en] [cn]“真的吗?在哪里。”[/cn] [en]「一番奥の右手の壁に積んであったよ。あまり大きすぎて見落としたそうだ。平井さんにはしっかりしてくれといっておいたんだけどね」[/en] [cn]“就堆在最里面右边的墙壁那里呢。似乎是太大了看漏了。我已经跟平井说了让他注意点了。”[/cn] [en]「右手の奥、ですか」腑に落ちないという顔で摂子はいった。[/en] [cn]“右手边的里面吗?”摄子一脸无法领会地说着。[/cn] [en]「そんなの無かったです。ドリルなんて」[/en] [cn]“钻头什么的,这之前根本就没有。”[/cn] [en]倉田は目を丸くした。「無かった?」[/en] [cn]仓田瞪大了双眼。“没有?”[/cn] [en]「昨日の夜、その辺りも見ましたけど、そんなドリル、ありませんでした」[/en] [cn]“昨天晚上,那附近我也查看过了。但是根本没有那样的钻头。”[/cn] [en]「じゃあ、さっきのは……」[/en] [cn] “那刚刚那是?”[/cn] [en]「私、行って見てきます」そういうと摂子は毅然として席を立っていき、五分ほどすると思い詰めた表情になって戻ってきた。[/en] [cn]“那我去看看。”这么说着,摄子坚定地从位置上站了起来,过了五分钟,一脸不解的回来了。[/cn] [en]「間違いありません。昨日、あんなドリルの山はありませんでした」じっと摂子は倉田の顔を見た。信じてくれと訴えかけているような目だ。[/en] [cn]“绝对没错。昨天绝对没有那样山一样的钻头。”一动不动的摄子看着仓田的脸。眼神似乎在说你要相信我啊。[/cn] [en]「平井課長に話をきいた?」[/en] [cn]“去问过平井课长了?”[/cn] [en]「ええ」憤然として摂子はいった。[/en] [cn] “嗯。”摄子气愤地说着。[/cn] [en]「なんだって?」[/en] [cn]“他说什么。”[/cn] [en]「私の頭がどうかしてたんだろうですって。頭がおかしいのは平井さんのほうですよ」[/en] [cn] “他说肯定是我的脑子有问题。脑子有问题的明明是平井。”[/cn] [en]「昨日、西沢さんが倉庫を確認したのは何時ごろ?」[/en] [cn]“昨天,西沢桑确认库存时是几点?”[/cn] [en]「八時半頃だったと思います」[/en] [cn] “大概八点半左右。”[/cn] [en]ちょうど、代々木駅で倉田があの事件に巻き込まれていた時間だ。[/en] [cn]正好是仓田在代代车站被卷入某个事件的时间。[/cn] [en]「そのとき倉庫には誰かいた?」[/en] [cn]“那时候仓库里有谁?”[/cn] [en]「いえ、もう全員帰ってしまって誰も。二千万円分のドリルなら見ればわかるだろうと思って探しにいったんですが、見つかりませんでした。あんなふうに山積みになっていれば、いくらなんでもわかります」たしかに、摂子が見逃がすとは思えない。[/en] [cn]“大家都回去了,没人了。我觉得2000万日元份额的钻头肯定看一下就知道了,所以我就去找了,但是没有找到。如果真的像那样堆积如山的话,不管怎样都会知道的吧。”确实,摄子完全不觉得自己看漏了。[/cn] [en]「もしそうなら、あのドリルは今日になって運び入れたことにたる。どういうことだと思う?」[/en] [cn]“如果是那样的话,那那些钻头就是今天刚运进去的。你觉得这是怎么回事?”[/cn] [en]「それは——」[/en] [cn]“那是.......”[/cn] [en]摂子は戸惑いながらこたえた。「在庫が問題になったからじゃないですか。倉田部長に指摘されて、真瀬さんが手配したのかも」[/en] [cn]摄子疑惑地回答着。“应该是库存存在问题。可能是经过仓田部长指出,真濑桑筹备的。”[/cn] [en]「じゃあ、それまでドリルはどこにあった?」[/en] [cn]“那在那之前的钻头都去哪了?”[/cn] [en]さすがに摂子は首を傾げ、「それはわかりませんけど」とロごもったが、「でも、平井課長は嘘をついてると思います」とだけははっきりといった。[/en] [cn]就连那么厉害的摄子都摆摆头,支支吾吾地说着不知道,但是她很肯定地说着“但是我觉得平井课长在说谎。”[/cn] [en]嘘か。[/en] [cn]说谎啊。[/cn] [en]倉田は腕組みをして考えた。いったい、何のために?[/en] [cn]仓田叉着手思考。究竟是为了什么呢。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(三十一)

    完了记载在账簿上的明细后的仓田抬起头,摄子点了点头。[/cn] [en]「相手はどこ?PCドリルさん?」[/en] [cn] “是哪个客户呢?,PC钻头吗?”[/cn] [en]倉田は主要取引先の一社を挙げる。摂子は首を振った。[/en] [cn]仓田先是列举了主要交易的一个公司,摄子摇了摇头。[/cn] [en]「相模ドリルさんからの仕入れ分でした」[/en] [cn]“这是从电钻公司那里采购的份额。”[/cn] [en]それも、以前からの取引先の一社である。毎月数千万円単位の発注をかけている取引先だから、二千万円分のドリル発注は通常取引の範囲だろう。[/en] [cn]那是一直以来就有贸易来往的一家公司。因为是每个月都会订购数千万日元的交易方,所以两千万日元份额的电钻订购也是正常的交易范围吧。[/cn] [en]ドリルと一言でいってもいろんな種類があるが、ナカノ電子部品で扱っているのは、プリント基板に穴を開けるための極小径のドリルである。倉田も一度見たことがあるが、かなり細かくて先端は顕微鏡でみないとよく見えない。ちなみにプリント基板というのは、コンピュータや携帯電話の内側に入っている、細細とした部品が載っているグリーンの板だ。実はそれはビルでいえば六階建てと同じような構造になっていて……と説明すればキリがない複雑なシロモノである。[/en] [cn]说到电钻的话,那也是有很多种类的,但是中野电子零件经营的是在印刷电路板中打洞的超小直径的电钻。仓田看过一次,尖端的部分非常细,如果不用显微镜看的话是看不到的。顺便说一句,所谓的印刷电路板,就是嵌入电脑和手机内侧的,布满零碎零件的绿色板子。其实若用大楼来形容的话,就如同六层大厦那般的结构。但要是这么说明的话,就感觉是没完没了的复杂东西了。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(三十) [en]「いくら?」[/en] [cn]“多少钱?”[/cn] [en]「二千万円ですが」[/en] [cn]“两千万日元呢。”[/cn] [en]倉田は目を丸くした。[/en] [cn]仓田瞪圆了眼睛。[/cn] [en]「それはちょっと多いな」[/en] [cn]“这有点多啊”[/cn] [en]摂子が抱えてきた資料をデスクにおいて覗き込むと、在庫の実数と帳簿上の数が一致していないものが黄色のマーカーで塗られていた。[/en] [cn]探头看了下摄子抱来的放在桌子上资料,库存数量和账簿上的数量不符的地方用黄色的标记笔标了出来。[/cn] [en]「ドリルか」[/en] [cn]“钻头吗?”[/cn] [en]帳簿に記載された明細を読んだ倉田は顔をあげてきくと、摂子がこっくりとうなずいた。[/en] [cn]读完了记载在账簿上的明细后的仓田抬起头,摄子点了点头。[/cn] [en]「相手はどこ?PCドリルさん?」[/en] [cn] “是哪个客户呢?,PC钻头吗?”[/cn] [en]倉田は主要取引先の一社を挙げる。摂子は首を振った。[/en] [cn]仓田先是列举了主要交易的一个公司,摄子摇了摇头。[/cn] [en]「相模ドリルさんからの仕入れ分でした」[/en] [cn]“这是从电钻公司那里采购的份额。”[/cn] [en]それも、以前からの取引先の一社である。毎月数千万円単位の発注をかけている取引先だから、二千万円分のドリル発注は通常取引の範囲だろう。[/en] [cn]那是一直以来就有贸易来往的一家公司。因为是每个月都会订购数千万日元的交易方,所以两千万日元份额的电钻订购也是正常的交易范围吧。[/cn] [en]ドリルと一言でいってもいろんな種類があるが、ナカノ電子部品で扱っているのは、プリント基板に穴を開けるための極小径のドリルである。倉田も一度見たことがあるが、かなり細かくて先端は顕微鏡でみないとよく見えない。ちなみにプリント基板というのは、コンピュータや携帯電話の内側に入っている、細細とした部品が載っているグリーンの板だ。実はそれはビルでいえば六階建てと同じような構造になっていて……と説明すればキリがない複雑なシロモノである。[/en] [cn]说到电钻的话,那也是有很多种类的,但是中野电子零件经营的是在印刷电路板中打洞的超小直径的电钻。仓田看过一次,尖端的部分非常细,如果不用显微镜看的话是看不到的。顺便说一句,所谓的印刷电路板,就是嵌入电脑和手机内侧的,布满零碎零件的绿色板子。其实若用大楼来形容的话,就如同六层大厦那般的结构。但要是这么说明的话,就感觉是没完没了的复杂东西了。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(三十)

    用你一点时间吗?” 过了一会,摄子抱着一摞资料走了过来。话说昨晚八点过后仓田离开公司的时候,摄子的办公桌上还摊着许多账簿。“在适当的时候结束吧”仓田一心扑在工作上,不走心得回答着。[/cn] [en]「今月の在庫が合わないんです」遠慮がちに摂子はそう報告した。在庫というのは、会社がストックしている商品のことである。[/en] [cn]“这个月的库存对不上。” 摄子有点委婉地报告着。所谓的库存就是公司存放的商品。[/cn] [en]ナカノ電子部品では、在庫を確認するために、いままで年に一回だった棚卸を、倉田の提案でこの七月から毎月やるようにした。本来は月末にやるのが正しいが、月末は事務が集中して忙しいので二十日に在庫合わせをしよう、ということになっている。[/en] [cn]为了确认库存,中野电子零件至今为止本来是一年盘点一次,但是在仓田的提议下从七月份开始改为了每个月一次。原本是月末做的,但是由于月末时办公集中很忙,就改为了在20号进行核对库存。[/cn] [en]棚卸というのは、会社にどんな商品がいくつあるか倉庫に行って数えることだ。中小企業でも計算の前になるとどこでも棚卸をして在庫を確認するのが当たり前だが、それを毎月やることで、財務の精度を向上させようという狙いである。[/en] [cn]所谓的盘货就是去仓库盘点公司里有怎样的商品以及数量。就算是中小企业,在计算之前确认好各处的盘货也是理所当然的,但是他们的目标是通过每个月盘货提升财务的精确度。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(二十九) [en]この日、午前八時過ぎに自席につき、いつものように給湯室でインスタント・コーヒーを作って運んでくると、それを飲みながら新聞を広げた。[/en] [cn]这一天,坐在位置上直到早上八点过后,像往常一样去供应热水室泡了速溶咖啡回来,一边喝着一边打开了报纸。[/cn] [en]会社の始業は八時四十分だ。営業部と一緒になっているフロアには、普段ならまだほとんど社員の姿はないのだが、その朝は既に西沢摂子が先に出勤してきていた。[/en] [cn]公司八点四十分开始营业。跟营业部在一起的这个柜台平常几乎都看不到职员的身影,但是这天早晨西尺摄子却早已来上班了。[/cn] [en]摂子は、三十代後半のシングルマザーで、七年近く前からこの会社に勤務しているベテランだ。すらっと背が高く見かけは派手だが、それ以前に会計事務所で帳簿付けをしてきた経歴があるだけに、仕事は堅い。ナカノ電子部品の経理は摂子なくしては回らないといっても過言ではなかった。[/en] [cn]摄子是30多岁的单身妈妈,是在这个公司工作了近七年的老手。乍一看身材高挑,外表秀丽,但是因为以前在会计事务所干过账簿之类的工作,所以工作很扎实。中野电子零件的会计工作如果少了摄子的话就进行不下去了,这么说绝对不夸张。[/cn] [en]「あの、部長、ちょっとよろしいですか」しばらくすると、摂子が一抱えもある資料を持ってきた。そういえば昨夜、倉田は八時過ぎに退社したが、その時間になっても摂子はデスクいっぱいに帳簿を広げていた。「適当なところで切り上げてよ」という倉田にろくな返事も寄越さないほど、仕事に熱中していた。[/en] [cn]“部长,可以占用你一点时间吗?” 过了一会,摄子抱着一摞资料走了过来。话说昨晚八点过后仓田离开公司的时候,摄子的办公桌上还摊着许多账簿。“在适当的时候结束吧”仓田一心扑在工作上,不走心得回答着。[/cn] [en]「今月の在庫が合わないんです」遠慮がちに摂子はそう報告した。在庫というのは、会社がストックしている商品のことである。[/en] [cn]“这个月的库存对不上。” 摄子有点委婉地报告着。所谓的库存就是公司存放的商品。[/cn] [en]ナカノ電子部品では、在庫を確認するために、いままで年に一回だった棚卸を、倉田の提案でこの七月から毎月やるようにした。本来は月末にやるのが正しいが、月末は事務が集中して忙しいので二十日に在庫合わせをしよう、ということになっている。[/en] [cn]为了确认库存,中野电子零件至今为止本来是一年盘点一次,但是在仓田的提议下从七月份开始改为了每个月一次。原本是月末做的,但是由于月末时办公集中很忙,就改为了在20号进行核对库存。[/cn] [en]棚卸というのは、会社にどんな商品がいくつあるか倉庫に行って数えることだ。中小企業でも計算の前になるとどこでも棚卸をして在庫を確認するのが当たり前だが、それを毎月やることで、財務の精度を向上させようという狙いである。[/en] [cn]所谓的盘货就是去仓库盘点公司里有怎样的商品以及数量。就算是中小企业,在计算之前确认好各处的盘货也是理所当然的,但是他们的目标是通过每个月盘货提升财务的精确度。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(三十二)

    部品の配送センターは、主要取引先などの関係で群馬の高崎市にある。[/en] [cn]因为主要交易方的关系,中野电子零件的配送中心设在了群马的高崎市。[/cn] [en]「昨夜電話したんですが、当直しかいなくて。今日もう一度再確認してもらうことになっています。」[/en] [cn]“虽然昨晚打过电话了,但是只有值班的人在。我已经麻烦他们今天再次确认一下了。”[/cn] [en]「相模ドリルは、誰が担当してるんだろう」[/en] [cn]“相模电钻是谁负责的?”[/cn] [en]摂子が答えるまで、微妙な間合いが挟まった。[/en] [cn]微妙地停顿了一下,摄子才开口回答。[/cn] [en]「真瀬部長です」[/en] [cn]“是真濑部长。”[/cn] [en]「真瀬さん、か」[/en] [cn] “真濑桑啊?”[/cn] [en]倉田は頭の後ろに両手を組んで椅子にもたれかかる。摂子の意味ありげな視線を受け止め、「それは私から聞いておいたほうが良さそうだな」と倉田はいった。[/en] [cn]仓田把手放到脑后,靠在椅子上。遇上摄子带着(不明)意义的视线,仓田说“那个的话,还是我先去问一下比较好。”[/cn] [en]摂子がほっとした表情を見せたのは、営業部と総務部の関係が普段からよくないからだ。[/en] [cn]摄子露出了放心的表情,因为她知道营业部和总务部平时的关系就不太好。[/cn] [en]とりあえず、「配送センターから連絡があったら報告してくれないか」と摂子にいい、倉田はやれやれと嘆息した。[/en] [cn]总之,“配送中心那边要是打电话过来的话能够马上跟我报告吗?”仓田哎呀呀的叹着气跟摄子说。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(三十一) [en]とにかく、重要なのは、そのドリル二千万円分が消えたということだ。[/en] [cn]总而言之,现在重要的是2000万份额的钻头不见了。[/cn] [en]年商百億円の会社にとって、二千万円というお金は決して小さくはない。いや、どんな大企業であろうと二千万円は二千万円である。[/en] [cn]对于年营业额有百亿日圆的公司来说2000万日圆绝不是一笔小数目。不,不管是怎样的大型企业,2000万日元就是2000万日元。[/cn] [en]「一階の倉庫は見てきた?」[/en] [cn]“去一楼的仓库看过了吗?”[/cn] [en]「ええ。見つかりませんでした」[/en] [cn]“是的,没看到。”[/cn] [en]「配送センターのほうは?」[/en] [cn]“配送中心那边呢?”[/cn] [en]ナカノ電子部品の配送センターは、主要取引先などの関係で群馬の高崎市にある。[/en] [cn]因为主要交易方的关系,中野电子零件的配送中心设在了群马的高崎市。[/cn] [en]「昨夜電話したんですが、当直しかいなくて。今日もう一度再確認してもらうことになっています。」[/en] [cn]“虽然昨晚打过电话了,但是只有值班的人在。我已经麻烦他们今天再次确认一下了。”[/cn] [en]「相模ドリルは、誰が担当してるんだろう」[/en] [cn]“相模电钻是谁负责的?”[/cn] [en]摂子が答えるまで、微妙な間合いが挟まった。[/en] [cn]微妙地停顿了一下,摄子才开口回答。[/cn] [en]「真瀬部長です」[/en] [cn]“是真濑部长。”[/cn] [en]「真瀬さん、か」[/en] [cn] “真濑桑啊?”[/cn] [en]倉田は頭の後ろに両手を組んで椅子にもたれかかる。摂子の意味ありげな視線を受け止め、「それは私から聞いておいたほうが良さそうだな」と倉田はいった。[/en] [cn]仓田把手放到脑后,靠在椅子上。遇上摄子带着(不明)意义的视线,仓田说“那个的话,还是我先去问一下比较好。”[/cn] [en]摂子がほっとした表情を見せたのは、営業部と総務部の関係が普段からよくないからだ。[/en] [cn]摄子露出了放心的表情,因为她知道营业部和总务部平时的关系就不太好。[/cn] [en]とりあえず、「配送センターから連絡があったら報告してくれないか」と摂子にいい、倉田はやれやれと嘆息した。[/en] [cn]总之,“配送中心那边要是打电话过来的话能够马上跟我报告吗?”仓田哎呀呀的叹着气跟摄子说。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(二十八)

    部品株式会社という、どこにでもありそうな中堅会社が倉田の出向先、つまりいまの職場になった。中野駅から徒歩十分程のところに五階建ての四角いクリーム色の自社ビルを構えており、業績はまずまず。もしも企業に偏差値があるなら、五十二、三といったところだろう。[/en] [cn]然后仓田的借调地是感觉到哪都有的中型企业,也就现在的工作地,名为中野电子零件股份有限公司。从中野车站步行十分钟左右的地方修建着五层楼方形奶油色的自家公司的大厦,业绩姑且还过得去。如果企业里也有偏差值的话,大概是52 – 53这样吧。[/cn] [en]汗を拭きながら本社屋に着いた倉田は、一階の倉庫脇にあるエレベーターで三階に上がった。[/en] [cn]擦着汗来到公司的仓田,乘着一楼仓库旁的电梯上了三楼。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(二十七) [en]出向するに二年前に副支店長という役職は得たものの、自分より若い支店長に仕えた。部下からは突き上げを食らい、剛腕で鳴る支店長からは始終ガミガミいわれて、さすがにこのときばかりは参った。[/en] [cn]虽然两年前借调的时候获得了一个副分店长的职务,但是担任分店长的却是比自己还年轻的人。一边受到下属施压,一边又总是被以铁腕闻名的分店长严厉说教,老是这样,连仓田都认输了。[/cn] [en]その支店長から、ダメ管理職のレッテルを貼られ、支店長になりそこねての出向だったが、むしろそれで良かったと倉田は思うのだった。あのまま銀行員を続けていたら、今頃どんな精神状態になっていたか知れたものではない。[/en] [cn]被那个分店长贴上了管理职务无能的标签,虽然失去了成为分店长的借调的机会,但仓田反而觉得这样更好。如果就那样继续当银行员的话,现在会是怎样的精神状态也无从得知。[/cn] [en]考えてみれば、倉田のような性格の人間が生き馬の目を抜くような職場に入ってしまったこと自体間違いのような気もするが、たまたま面接に行ったら出てきた面接官とウマがあってしまったのだから仕方がない。しかし、おかげてマイホームが持てて子供たちを学校へやり、贅沢ではないが人並の生活ができたのだから、倉田流にいえば、「まあいいじゃないか」となる。[/en] [cn]仔细想想的话,虽然像仓田这种性格的人进入遇事三分利的职场本身就是一个错误,但是只是偶然去面试时,跟到场的面试官投缘的话那也是没有办法的。但是,多亏了如此,现在自己的房子也有了,孩子们也上学了,虽不算奢侈,但也过上了一般人的生活,按仓田流来说的话“这不是挺好的嘛。”[/cn] [en]そして、ナカノ電子部品株式会社という、どこにでもありそうな中堅会社が倉田の出向先、つまりいまの職場になった。中野駅から徒歩十分程のところに五階建ての四角いクリーム色の自社ビルを構えており、業績はまずまず。もしも企業に偏差値があるなら、五十二、三といったところだろう。[/en] [cn]然后仓田的借调地是感觉到哪都有的中型企业,也就现在的工作地,名为中野电子零件股份有限公司。从中野车站步行十分钟左右的地方修建着五层楼方形奶油色的自家公司的大厦,业绩姑且还过得去。如果企业里也有偏差值的话,大概是52 – 53这样吧。[/cn] [en]汗を拭きながら本社屋に着いた倉田は、一階の倉庫脇にあるエレベーターで三階に上がった。[/en] [cn]擦着汗来到公司的仓田,乘着一楼仓库旁的电梯上了三楼。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(二十七)

    到了这家公司,在那之前他一直在银行上班。一般来说,大多数的银行员在规定年龄退休前都会像这样,被借调到一个往来客户的公司去。[/cn] [en]出向という言葉には暗い響きがあるが、倉田自身はそれほど悲観するわけではなかった。出世競争に敗れたーというより、そもそも出世競争に参加していたという自覚すらない身としては、むしろ当然の成り行きとして受け入れたのである。[/en] [cn]虽然说所谓的借调中另有阴暗的引申义,但仓田自身并没有太悲观。与其说是在升职竞争中失败了,倒不如说是以一个一开始连参与到了升职竞争中的自觉都没有的立场,非常理所当然的就接受了这样一个演变。[/cn] [en]倉田の父は温厚で大人しい男だった。倉田もまたその父の血を引いて、がむしゃらに働くというより、どちらかというとのんびり自分のペースで仕事をするタイプで、銀行員時代の成績は常に中くらい。覇気がないとか、がむしゃらさがないとか、ときとして何を考えているかわからない、というのが倉田に対する人事部評だった。それは倉田の性格に起因するもので、なんとかしろといわれてもどうすることもできなかったというのが、本音である。[/en] [cn]仓田的父亲是一个非常温厚老实的男人。仓田也继承了那样的父亲的血统,与其说是玩命工作,但不如说是悠哉地按照自己的节奏工作,银行员时期的成绩经常为中等,人事部对仓田的评价是:缺乏霸气,做事没有拼劲,偶尔不知道他在想什么。那都是源于仓田的性格。就算被别人说你倒是做点什么啊,他也无能为力,这就是他的真心话。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(二十六) [en]倉田の勤め先は電子部品の製造販売をしている中堅企業だった。そこでの倉田の役職は、総務部長である。[/en] [cn]仓田在一家制造贩卖电子产品的中型企业工作。管理职务是总务部长。[/cn] [en]部長といっても、年商百億円の会社では名前ほどの重みはなく、大手企業ならせいぜい課長、あるいは係長ぐらいのものに違いない。この会社に来たのは去年、倉田が五十一歳のときで、それまで倉田は銀行に勤めていた。要するに、銀行員の多くがそうであるように、定年退職前に取引先のひとつに出向させられたというわけだ。[/en] [cn]说是部长,但在年营业额百亿日元的公司里,这个头衔根本没有一点分量,在大型企业的话,充其量也就是课长或者是系长级别。去年51的岁仓田来到了这家公司,在那之前他一直在银行上班。一般来说,大多数的银行员在规定年龄退休前都会像这样,被借调到一个往来客户的公司去。[/cn] [en]出向という言葉には暗い響きがあるが、倉田自身はそれほど悲観するわけではなかった。出世競争に敗れたーというより、そもそも出世競争に参加していたという自覚すらない身としては、むしろ当然の成り行きとして受け入れたのである。[/en] [cn]虽然说所谓的借调中另有阴暗的引申义,但仓田自身并没有太悲观。与其说是在升职竞争中失败了,倒不如说是以一个一开始连参与到了升职竞争中的自觉都没有的立场,非常理所当然的就接受了这样一个演变。[/cn] [en]倉田の父は温厚で大人しい男だった。倉田もまたその父の血を引いて、がむしゃらに働くというより、どちらかというとのんびり自分のペースで仕事をするタイプで、銀行員時代の成績は常に中くらい。覇気がないとか、がむしゃらさがないとか、ときとして何を考えているかわからない、というのが倉田に対する人事部評だった。それは倉田の性格に起因するもので、なんとかしろといわれてもどうすることもできなかったというのが、本音である。[/en] [cn]仓田的父亲是一个非常温厚老实的男人。仓田也继承了那样的父亲的血统,与其说是玩命工作,但不如说是悠哉地按照自己的节奏工作,银行员时期的成绩经常为中等,人事部对仓田的评价是:缺乏霸气,做事没有拼劲,偶尔不知道他在想什么。那都是源于仓田的性格。就算被别人说你倒是做点什么啊,他也无能为力,这就是他的真心话。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(二十九)

    别有欲望的旧职依依不舍,而是作为中野的职员努力和大家亲近起来以及努力工作。[/cn] [en]総務部長としての実力がどうのといったことは関係ない。中小企業でうまくやるために、一番大切なのは人間関係なのだ。倉田の態度はすぐに受け入れられ、今のところ社長と良好な関係を保っている。[/en] [cn]这跟作为总务部长的实力如何无关。为了能在中小企业中顺利的做下去,最重要的是搞好人际关系。仓田的态度很快就被大家接受,目前为止,他跟总经理保持着良好的关系。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(二十八) [en]取引銀行の担当者以外ほとんど外部の顧客が来ることのないそのフロアには、”上場企業品質!”とあるが、それはどこかの研修でハッパをかけられた二代目社長が気まぐれで張り出したスローガンに過ぎない。倉田の見たところ、ナカノ電子部品はあらゆる面で典型的な中小企業であった。[/en] [cn]除了往来银行的负责人之外几乎不会有外来客人到访的这个柜台贴着“上市公司品质”的标语,那只不过是不知在哪次进修时受了刺激的第二任总经理凭心情贴上去的。就仓田看来,不管从哪个方面看,中野电子零件都是典型的中小企业。[/cn] [en]社長の持川徹は、創業二代目と意気込んでいる、クセのある男だった。そのせいで、この会社への出向が決まった時、銀行本部内では持川の下ではたして倉田が勤めるか、懸念する声もあった。[/en] [cn]持川澈总经理是创业二代,干劲十足,是非常有特点的男性。正因如此,当决定了仓田要借调到这个公司时,银行总部内部有人担心仓田是否能在持川的手下工作。[/cn] [en]銀行に限らず、大企業から取引先に出向する者は大勢いるが、出向先でうまくやれる者は実のところ少ない。大手企業の出身者には、たとえ自らの出向先でも中小企業を軽視しているところがあって、なにかあるたび、出てくるのは「前の会社では」という言葉だ。いわゆる、”ではの守”である。[/en] [cn]不只是银行,也有很多是从大企业被借调到往来交易方处去的,但是能够在交易方处干的顺利的其实很少。来自大型企业的人,就算是自己的借调地也会对中小企业有所轻视,一旦有点什么事,就会说“如果是之前的公司的话”说穿了就是“如果守则”。[/cn] [en]“前の会社”と違うのは会社が違うから当然なのが、それがわからない連中のあまりの多さに、銀行では取引先をクビになって戻ってくる、「出戻り組」が後を絶たない。[/en] [cn]因为公司不一样所以当然会跟之前的有所不同,但是不懂这个道理的人太多了,银行的话,就是被交易方裁员了再返回,所谓的“再次回归组”接连不断。[/cn] [en]実際、倉田が出向する前、ナカノ電子部品には何人かの銀行員が総務部長として出向していたらしいが、全員が一年ともたずに「返却」された経緯がある。[/en] [cn]实际上,在仓田借调之前,已经有好几个银行职员派往中野电子零件担任总务部长,但是不到一年全部都“物归原主”了。[/cn] [en]そんな中、今度はどんな奴だと色眼鏡で迎えられた倉田が今まで勤まっているのは、特に欲があるわけでも前職に対する未練があるわけでもなく、”ナカノ”の社員として馴染もうと努力したからではないかと倉田は思っていた。[/en] [cn]在这种情况下,不知道这次会有怎样的家伙带着有色眼镜迎接自己的仓田觉得自己能够做的不是对于这份特别有欲望的旧职依依不舍,而是作为中野的职员努力和大家亲近起来以及努力工作。[/cn] [en]総務部長としての実力がどうのといったことは関係ない。中小企業でうまくやるために、一番大切なのは人間関係なのだ。倉田の態度はすぐに受け入れられ、今のところ社長と良好な関係を保っている。[/en] [cn]这跟作为总务部长的实力如何无关。为了能在中小企业中顺利的做下去,最重要的是搞好人际关系。仓田的态度很快就被大家接受,目前为止,他跟总经理保持着良好的关系。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》