石に漱ぎ流れに枕す

【読み】いしにくちすすぎながれにまくらす

假名:いしにくちすすぎながれにまくらす

【意味】石に漱ぎ流れに枕すとは、負け惜しみが強いこと。無理にこじつけて、自分の説を通そうとすること。

意义:用石头漱口,枕流水而眠是指极其不认输。毫无道理的牵强附会,自圆其说。

【注釈】中国晋の孫楚が、本来なら「石に枕し流れに漱ぐ(俗世間を離れ、人里離れたところで自由に暮らす)」と言うべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤ってしまったとき、友人の王済にからかわれた。

中国晋朝的孙楚口误将“枕石而眠,流水漱口(离开尘世,远离人群自由自在的生活)”说成“用石头漱口,枕流水而眠”,因此被朋友王济嘲笑。

すると負けん気の強い孫楚は、「流れに枕するのは俗事を聞いて汚れた耳をすすぐためであり、石に漱ぐのは歯を磨くためだ」とこじつけたという故事に基づく。「さすが」に当てた漢字の「流石」や、「夏目漱石」という雅号は、この言葉に由来する。

而不认输的孙楚,嘴硬说:“我要用流水清晰被俗事污染了的耳朵,用石头磨练牙齿。”这句俗语就由此而来。夏目漱石的雅号也是由此而来的。

【出典】『晋書』

出处:《晋书》

【類義】漱石枕流

同义词:漱石枕流

【用例】「彼は素直じゃないから、自分が悪くても石に漱ぎ流れに枕すばかりだ」

例句:“那个人一点都不坦率,就算是自己的错,也会漱石枕流。”

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

日本谚语:色即是空、空即是色

日本谚语:英雄色を好む