榻榻米的边缘不能踩?!的原因
作者:思蕾 译|来源:ネタリカ|2017年09月09日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

畳の縁は踏んではいけない場所とされています。こうした和室におけるマナーというのはあまり知られなくなってきています。そもそも、なぜ畳の縁を踏んではいけないのでしょうか。

有些场合是不可以踩踏榻榻米边缘的。和室的这一规矩并不广为人知。那么为什么不能踩榻榻米的边缘呢?

家紋が入っていた?

有家纹?

かつて、畳の縁はその家の家紋が入ったものがありました。当然、家紋はその家を代表するマークであるわけですから、足で踏むのは失礼にあたるという見方があるでしょう。さらに「敷居をまたぐ」という言葉がある通り、畳の縁がその家の要の場所であるという見方もありました。

过去,在榻榻米的边缘会有这个家族的家纹。家纹是代表一个家族的符号,踩踏的话当然是很不礼貌的。另外,正如“迈进家门”这个词,将榻榻米的边缘视为房子重要的地方。

忍者がいる?

有忍者?

さらに畳の縁は、かつてはその下に忍者が忍び込む場所でもありました。畳の縁のわずかな隙間から光を感じ取り、相手がいたならば、そこで剣を突き刺すといった攻撃法が存在したのです。そのため、畳の縁は命を狙われる場所であるため、最初から踏まないという定めがあったともいわれています。

另外,过去榻榻米的边缘下方被认为是忍者潜伏的地方。透过榻榻米的缝隙射入的光源来判断是否有敌人,若是有人的话会用剑从榻榻米缝隙突然刺出来攻击。所以榻榻米的边缘也是狙击的位置,所以最好就不要踩踏。

材質を大切にする

珍惜榻榻米的材质

さらに、畳の縁は踏んでしまうと、すり減る原因となってしまい、持ちが悪くなるともいわれていました。このように当時の人々は家を大切にするために、畳の縁ひとつにも気をつけていたといえるでしょう。

而且踩踏榻榻米的边缘会缩短榻榻米的使用寿命,不利于榻榻米的保养。当时的人们都很注意家居用品的保养,所以即使是榻榻米的边缘也会特别的注意。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

刺身配菜用萝卜原来还有大讲究!

关西人也困扰:章鱼小丸子是点心还是正餐?

相关热点: 日本文化文化主题鲁鲁修

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
1
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP