フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(23=ANA)が世界初となる4回転トーループ—トリプルアクセル(3回転半)の連続技で着氷。フリー190・43点、合計で297・12点と、ともに今季世界最高を記録して優勝を飾った。

11月4日,世界花样滑冰大奖赛第三站(芬兰)举行了男子自由滑冰的比赛,短节目(sp)成绩第一的羽生结弦(23岁,ANA)完成了世界上首个后外点冰跳四周—阿克塞尔跳(三周半跳)的超级难度连跳,获得了自由滑190.43分,以总分297.12的成绩创下了本赛季世界最高得分记录,并一举夺得冠军。

今季初参戦となったGPシリーズで優勝。「やっと新しいスタートが切れた。GPシリーズ初戦で勝つことが本当にできなかった。やっと初戦で勝てた」と充実感を漂わせた。

新赛季中,羽生结弦(划掉)终于打破魔咒(划掉)于首站取得了优胜。对此,本人表示:“终于有了一个全新的开始。之前的赛季,在以往的初战大奖赛中我一直没能获胜,但是这次我终于在首战就获得了胜利。”

圧巻の演技で優勝を決めたが、決して本調子とはいえなかった。「ループジャンプは思わしくなかったし、他のエレメンツも少しずつ思わしくないところがあって、少し足にきていた。何とか戦い抜いた」。

凭借精湛的演技和技巧拿下冠军,但(牛哥认为)自己还没达到最好的状态。“后外结环跳(loop)不是很满意,其他方面也有些许地方不是很满意的,脚上有些力不从心,这需要想办法努力克服。”

△落冰虽然尚不完美,但羽生结弦达成了世界首个4T+3A

演技後半には、4回転トーループ—トリプルアクセルの連続技で着氷も「加点が付かないと意味がない」とキッパリ。「体操の内村(航平)さんも言っていますけど、最後はピチッと決めなきゃいけない。決めてから、自分の中で“成功した”と言えるようになる」とさらに闘志を燃やした。

对于表演的后半部分,后外点冰跳四周(4T)+阿克塞尔三周半(3A)的连跳后的落冰,他直白地表示:“没有得到裁判的加分(goe),就没有意义”、“体操选手内村(航平)也说过,最后必须一举定胜负。只有做到落地果断,才可以说达到自己心中的‘成功’”,并燃起了斗志。

羽生結弦の熱唱が話題に
羽生结弦的热唱成为话题

演技前の6分間練習を待つ羽生の姿が大きな話題を呼んだ。イヤホンで音楽を聴きながら、ノリノリで口パク熱唱。激しくシャウトする様子がテレビで放送されると、ネット上で「羽生くん、すごい熱唱」、「何を歌ってるんだろう?」と一気に曲名当てが始まった。羽生の口の動きと、音楽を合わせて検証する猛者も現れ、様々な曲が挙げられた中で、浮かび上がったのが、ロックバンド「Rhythmic Toy World」の「僕の声」。今年2月にリリースされた楽曲で、TVアニメ『弱虫ペダル』オープニングテーマにもなった曲だった。

赛前六练上场前,羽生的某个行为引发了热议——随着耳机里的音乐,情绪高昂地对口型激情热唱。电视上直播了他空气热唱的样子后,网络上就“羽生君,猴厉嗨的热唱”、“想知道在唱啥”等开始了一系列猜歌讨论。其中有网友根据牛哥嘴部的动作,配上音乐验证,在列举的许多歌曲中,大家想到的是摇滚乐队Rhythmic Toy World的《僕の声》。这首歌于今年2月发售,是TV动画《弱虫ペダル》的片头曲。

【网友评论】

羽生结弦,今夜也是绝好调热唱中。


比起(热唱中的)羽生结弦选手更厉害的是,松冈修造氏。

全程盯着羽生结弦热唱的松冈修造(哈哈哈哈哈哈哈

羽生桑,安定的空气热唱中ww

甚至唱这首歌的Rhythmic Toy World也发了推特:

我们的歌曲能够成为羽生君的力量,实在是我们的光荣。

本翻译由沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

世界冠军羽生结弦的私生活什么样子?
来学花样滑冰动作用日语怎么说