誤りを知るを真の人という

明白错误在哪里的人才是真正明事理的人

0元领取日语经典好课

こちらは歴史上の偉人でもある徳川吉宗の名言で、真の人は正しいことを知っている人ではなく、間違いを知っている人のことを指すという言葉です。座右の銘として掲げている方も多い名言です。

这是历史上的伟人德川吉宗的名言,真正明白事理的人不是知道什么是正确的人,而是明白错误在哪里的人。这句话被很多人当作座右铭。

*德川吉宗(とくがわ よしむね ),日本江户幕府第8代将军,在位期间实行享保改革,奖励武艺与俭约风尚,开发新田,允许输入与天主教有关的外国书籍。其最大的功绩在于稳定了原先爆涨的米价,进而使社会呈现稳定的局面。

【例文】

誤りを知るを真の人という。間違いを知っていてから、正しさを肝に銘じる。そして、正しく行動をする。

明白事理的人是明白什么是错误的人。知道了什么是错误,才能把正确铭记于心。然后,就能采取正确的行动。

重点词汇:

真の人[まことのひと]

①真理を悟った人。しんじん。

①领悟真理的人。

例:真の人は、智もなく、徳もなく、功もなく、名もなし。

领悟真理的人,没有智慧,没有德行,没有功绩,没有名气。

②実在する人間。

②实际存在的人。

肝に銘じる[きもにめいじる]

強く心に留め、けっして忘れないようにすること。

铭记在心。

例:君たちは、社訓を肝に銘じなければならない。

你们必须要把社规记在心里。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

>>来查看更多日语名人名言