安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党の総裁選挙は、国会議員と都道府県連の代表による投票の結果、菅官房長官が新しい総裁に選出されました。菅氏は、16日、衆参両院の本会議で行われる総理大臣指名選挙を経て第99代の総理大臣に就任する見通しです。

日本自民党总裁选举在经过国会议员和都道府县联合代表投票后,选出菅义伟官房长官为自民党新总裁,成为安倍安倍晋三总理大臣的继任人。可以预见,他将于16日在众参两院正式会议举行的总理大臣指名选举中胜出,成为第99任日本总理大臣。

*自民党是日本执政党,在两院拥有多数席位,因此自民党新总裁菅义伟成为新一任总理大臣基本无悬念。


安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党の総裁選挙は、394票の「国会議員票」と、47の都道府県連に3票ずつ割り当てられた141票の「地方票」の、合わせて535票をめぐって争われ、14日午後2時から東京都内のホテルで開かれた両院議員総会で、国会議員と都道府県連の代表による投票が行われました。

(不同于以往所有党员参与投票)这次选出安倍总理大臣继任人的自民党总裁选举,是争夺由394张“国会议员选票”加上47个都道府县各3名代表的141张“地方选票”,共计535张选票。日本时间14日下午2点开始,两院议员总会于东京都内酒店举行,由国会议员和都道府县代表进行了投票。

開票結果は合わせて発表され、有効投票534票のうち、菅官房長官が377票、岸田政務調査会長が89票、石破元幹事長が68票をそれぞれ獲得し、菅氏が新しい総裁に選出されました。

开票结果显示,有效投票为534票,其中菅义伟官房长官获得377票,岸田文雄政务调查会长获得89票,石破茂前自民党干事长获得68票,菅义伟被选为新任自民党总裁。


菅氏は、このあと午後6時から党本部で記者会見し、今後の党運営の方針や、重点的に取り組む政策課題などについて、みずからの見解を明らかにすることにしています。

菅义伟稍后将于日本时间下午6点在自民党总部召开记者会,阐述自己对今后党派运营方针以及重点着手的政策课题的见解。

また直ちに幹事長や総務会長など、党役員人事の検討に入り、15日に正式に決定することにしています。

此外,他将马上开始商讨自民党干事长、总务会长等党内人事的任命,并于15日正式确定。

本内容为沪江日日语原创翻译,未经授权请勿转载。

相关阅读推荐:安倍晋三辞任日本首相一职