ケガから復帰し、平昌五輪で演技を行う直前の羽生結弦の表情。2連覇を成し遂げる演技がされるまでの本人の表情をとらえた1枚だ 

伤后复出,平昌冬奥会比赛前羽生结弦的表情。这是一张捕捉到羽生结弦实现冬奥会2连冠之前比赛表情的照片。

11月4日、アイスショー「プロローグ」が開幕し、新たなスタートを切った羽生結弦。10年以上にわたってその姿をファインダー越しにとらえてきた元朝日新聞のフォトグラファー・遠藤啓生にとっての「心に残る1枚」とは――。(全2回のうち第2回) 

11月4日,冰上表演“序章”开幕,羽生结弦在表演中出场,踏上了新的征程。对十数年间用摄影机记录羽生结弦身影的前朝日新闻摄影师·远藤启生来说,“在他心中留下深刻印象的一张照片”是指?(全第2回中的第2回)

2012年、フランス・ニースでの世界選手権でフォトグラファー遠藤啓生は、羽生結弦の銅メダルに大きなインパクトをうけた。

2012年,法国·尼斯举办的世锦赛上,获得铜牌的羽生结弦给摄影师远藤启生带来了巨大的冲击。

以後、大会で羽生を撮り続けてきた遠藤にとって、心に残る写真がある。2018年、平昌五輪での1枚だ。

之后,远藤连续在大赛上拍摄羽生,其中有一张令他印象很深的照片——2018年,平昌奥运会时拍摄的一张照片。

負傷による長期休養からの復帰戦であったこの大会で羽生はそうとは思わせない演技を披露。ソチに続く金メダルで五輪連覇を達成した。

平昌奥运会是羽生结弦因伤长期修养后的复出赛,在这届奥运会上羽生结弦展示了让人意想不到的演技,实现了索契冬奥会到平昌冬奥会的两连冠。

この試合の中で遠藤の印象に残っているのは、ショートプログラムの演技直前、羽生の表情をアップでとらえた写真だ。

在这场比赛短节目表演开始前,远藤用特写镜头捕捉到了羽生结弦的表情,这张照片给他留下了深刻的印象。


羽生さんとの距離は2m、3m以内だった

我和羽生结弦相距不到2、3m

この日、遠藤はリンクサイドに陣取った。 

那天,远藤在滑冰场观众席取材。
「ジャッジ席と反対側、バックスタンド側にいました」

“我当时在裁判席的对面,观众席看台一侧。”

フォトグラファーの位置は、他の国際大会同様、抽選によって決まる。スタートとフィニッシュでスケーターがジャッジ側を向くことを考えれば、そちらにいたかったが、抽選の末に遠藤はバックスタンド側に位置取ることになった。

和其他国际赛事一样,平昌冬奥会的摄影师位置也由抽签决定。开始和结束时滑冰运动员需要面向裁判,考虑到这一点,抽签之后远藤选择了在观众席看台的位置。

羽生は最終グループの6人中、最初の滑走順だったため、6分間練習が終わったあともそのままリンクに残っていた。
羽生是最后一组6个选手中最先出场的一个。因此,6分钟的练习结束后他便留在了赛场上。

周回する羽生が近づいてきた。遠藤はレンズを向け、シャッターを切った。 
远藤将镜头对向了即将滑到自己跟前的羽生,按下了快门。

「望遠ではなく、70ミリのレンズだったと思います。個人的に心に残りました」

“透过70厘米的镜头拍到的这张照片并非远景,因此给我留下了极深的印象。”

このとき、羽生と最も近い位置にいたフォトグラファーは遠藤だった。 

当时,距离羽生最近的摄影师便是远藤。

「羽生さんとの距離は2m、3m以内だったでしょうか。フィギュアスケーターとの距離がここまで近くなることは、競技のときにはあまりありません。一瞬、自分の空間に羽生さんがいる、2人だけの空間になっている、そんな感じがありました」

“我和羽生大概相隔不到2、3m。在花滑竞技时没有比这更近的距离了。那一瞬间,我觉得自己仿佛和羽生处于同一时空,这一时空只有我们两人。”

当時、怪我の状況は分からなかった

当时,我并不知道他受伤的情况

不思議な感覚に襲われる中での1枚。遠藤は自身がこの1枚に惹かれた理由を、こう考えている。

这张照片让人觉得不可思议。远藤对这张照片印象深刻,理由如下。 
「集中しているのはもちろんですが、何か、『乗り越えた』ことを証明する直前の表情というのか。後から見ればオリンピック連覇をした大会ではありますが、当時、怪我の状況は分からなかったですし、ショートプログラムが始まるまでどういう演技ができるのか、多くの人はわかりませんでした。」
“比赛时,羽生全神贯注,但是他积极的表情表露出他想‘超越’从前。从比赛结果来看,平昌奥运会上羽生实现了冬奥会2连冠,但当时人们并不知道他有伤在身,短项目开始之前,很多人都不知道羽生会带来怎样的表演。”
「一方で素晴らしい演技を見せてくれるだろうという大きな期待もあった。そういった期待を背負っていること、背負う中で演技を行い、この数分後には結果が出る状況にあること、そういった直前ならではの内面が表情に出ていたように思います。」
“另一方面,人们极大地期待着羽生结弦能够带来精彩的表演。正是因为背负了这样的期待,在这种情况下比赛,且几分钟后就会得到结果,我认为只有此时他才会露出这样勇往直前的表情。”
「覚悟というか、邪念をすべて取り払っているかのような……。その分、演技が終わったあとの柔らかい表情も覚えています」 

“与其说这是他的觉悟,不如说是他摒除了所有的杂念......因此,我还记得比赛结束后不久他露出了柔和的表情。”

表情をここまでクローズアップした写真が成り立つのは、羽生の存在が大きかったという。もともと、競技写真と言えば、選手のパフォーマンスを伝えるために全体をおさえる構図であることが求められていた。2012年のフランス・ニースでの世界選手権で、手足の長い羽生を1枚におさめることに遠藤が苦労したのもそのためだ。

能够拍到这张特写照片多亏了羽生结弦。原本,提起比赛照片,一般要求从全局构图,进而传达选手的表演。2012年法国尼森的世锦赛上,远藤捕捉到了一张凸显羽生结弦手脚修长的照片,为此他费了很大的劲。

羽生によって変化が生まれた写真の構図

根据羽生结弦的动作变化调整照片构图
だが羽生の活躍によって、構図に変化が生まれたと語る。 

远藤说道,要根据羽生的动作变化来调整照片构图。

「上半身だけでもいいんじゃないか、この写真(本記事の一番最初の写真)のように完全に顔のアップでもいいんじゃないかとなってきたと思います。」

我认为只拍上半身也挺好,像这张照片(本文最开始出现的照片)一样,只拍脸的照片也不错。

「というのも、羽生さんは、ジャンプやスピンなど要素のつなぎや流れがやっぱり上手な選手ですし、表情でも表現をしっかりしている選手です。」

“也就是说,像羽生结弦一样能够将跳跃、旋转等动作连贯起来,流利滑行的优秀选手们,能够很好的控制自己的表情。”

「そうなると、全体ではなく部分を撮っても成り立つわけです。ドキュメンタリーのような写真でもありなんだな、と僕だけじゃなくフォトグラファーたちが気づかされたように思います」 

“如果这样的话,只拍部分而非全身也是可以的。原来也可以拍像纪录片一样的照片,不光是我,其他摄影师也注意到了这一点。”

2019年の全日本選手権のとき、遠藤はジャンプ着氷後の羽生を背中越しにとらえた。その写真はwebの記事に使用され、大きな反響があったという。 

2019年全日本锦标赛时,远藤捕捉到了跳跃着冰的羽生结弦背影。这张照片被用于web报道,引起了巨大反响。

「本人の顔が映っていなくてもいい、背中でも語れるんだ、そんなことを思いました」

“即便是没有拍到羽生的脸,他的背影也能讲述故事。”

全身を使って、一分の隙もなく表現するのが羽生であるとも言える。遠藤は、羽生がそうしたレベルに到達した表現者である理由を、こう考えている。

想通过照片向大家传达羽生结弦运用全身,分毫不差的表演。远藤正是考虑到了羽生结弦是这样一位表演者才拍下了这张照片。

なぜ全身でなくても写真として成立するのか?

为什么不拍全身也能成为一张好照片呢?

「責任感なのではないでしょうか。記者会見でも日本を代表している自覚と責任感はすごいし、大変だな、といつも思っています。ただ、だからこそ、1つ1つのしぐさも気を遣っているだろうし、それが(今の羽生さんに)つながっているのではないでしょうか」

“可能是责任感吧。自己参加记者见面会时代表了日本,会抱有很强的自觉与责任感,虽然这很辛苦。但是,正因为如此,正是因为注意这一个又一个的细节,才成就了现在我与羽生结弦的联系。”

競技に取り組む姿勢を感じ取り、またフォトグラファーとして構図の可能性に気付かされた。だからこそ、こう語る。 

了解到他全神贯注于比赛,摄影师才能注意到构图的可能性。因此,远藤才会这样说道。

「個人的にフォトグラファーとして育ててもらった。それに尽きますね。彼を追うことでかなり成長できたし、フォトグラファーとしての醍醐味もすごく感じていましたし、スポーツってすごくいいよな、と思わせてくれたのが羽生さんでした。」

“照片竭尽全力的成就了个人摄影师。因为追踪拍摄羽生我有了极大的成长,也感受到了摄影师的乐趣,同时感受到了体育的厉害之处。”

「こういう撮り方もできるんだと幅は広がったし、違う現場に行っても、その引き出しが活かされてますね」

“采用这样的拍摄手法,能够拓宽拍摄范围,即便是去到不同的拍摄现场,也能用得上。”

遠藤さんの今後は「ドキュメンタリー制作を手がけていきたい」

远藤今后想要亲自动手拍摄纪录片

遠藤は2021年10月、国際報道部に異動。北京五輪が行われている最中の2022年2月16日、ウクライナ入りした。ロシアが侵攻する前から当地で取材にあたっていた。映像で伝えることの大切さを実感した遠藤は朝日新聞社を今夏に退社。ドキュメンタリー制作を手がけていきたいという。

2021年10月,远藤被调到了国际报道部。2022年2月16日,北京冬奥会举办之际,他去乌克兰取景,拍摄到了俄乌战争前的乌克兰。远藤切身感受到了用影像传达事情的重要性。今年夏天,他从朝日新闻社辞职。据说他想要着手拍摄纪录片。

その中にはフィギュアスケートを取り上げる構想もあるという。 

据说他也有拍摄花滑相关纪录片的构想。

「ライフワークみたいにできたらなとは思っています」

“我想将摄影记录作为我的毕生事业。”

スチールから映像に力点を移し、遠藤は羽生の撮影で気づくことができた経験もいかしていくだろう。その映像の中で、もしかするといつの日か羽生を再びとらえているのかもしれない。

将着力点从照片转向影像,远藤能够灵活运用拍摄羽生结弦照片时所积累的经验。或许羽生结弦的身影某一天会再次出现在这些影像中。

本翻译为沪江日语原创,转载请注明出处。

相关阅读推荐:羽生结弦对“原点”的坚定不移,与家乡仙台一同成长