契約を取るためにいざ…!

为了拿下合同必须出手...!

悲願の顧問先獲得へ――。ニューヨークで弁護士として活動する小室圭さん(32歳)が、いよいよ本格的に動き出した。

终于要去找心心念念的客户了——。在纽约当律师的小室圭(32岁)如今终于正式开始打拼。

現地時間6月13日、圭さんの姿は「シェラトン・ニューヨーク・タイムズスクエアホテル」にあった。この日、ホテルで開催されていたのは、非営利団体「ジャパン・ソサエティー」の年次晩餐会だ。

当地时间6月13日,小室圭的身影出现在“纽约时代广场喜来登酒店”中。当天,非营利组织“日本协会”正在这里举办年会晚宴。

「『ジャパン・ソサエティー』は日米の文化交流を目的とした非営利団体で、参加している企業の大半は日系企業か日本に進出している米国企業、それもトヨタや三菱商事、日本製鉄などの大手ばかりです。過去に行われた同団体の記念式典には、皇太子時代の天皇・皇后両陛下が参加したこともあります。

“‘日本协会’是一个以美日文化交流为目的的非营利组织,参加晚宴的大多都是日系企业,或者进军日本的美国企业,而且都是像丰田、三菱商事、日本制铁等大型企业公司。此前,还是皇太子的现天皇皇后两陛下还出席过日本协会的纪念典礼”。

今年に入り、圭さんが所属する『ローウェンスタイン・サンドラー法律事務所』もこの『ジャパン・ソサエティー』に加入したことが明らかになり、現地の日本人社会で話題を呼びました。

“今年,小室圭所属律所‘Lowenstein Sandler LLP’也宣布加入‘日本协会’,这也引发了当地日本人团体的热议。”

定期的に開催される同団体の交流イベントに圭さんを送り込み、日系企業から契約をとるためではないかと噂されています」(圭さんの法律事務所関係者)

“日本协会会定期举办交流会,所以有声音认为他们是不是为了把圭送进来,然后争取和这些日系企业签署合约在这么做的”。(圭所属律所相关人士)

周囲の視線もお構いなしに…

丝毫不在意周遭视线......

年次晩餐会は、年に一度だけ開催される同団体最大のイベントだ。最も安い席でも料金は2000ドル。この一大イベントに、圭さんは事務所を代表して単身乗り込んできたという。参加者が明かす。

年会晚宴每年只举办一次,是日本协会最大的宴会活动。最便宜的席位也要2000美元。而小室圭是代表他的律所只身参加宴会的。出席宴会的相关人士称:

「年次晩餐会は着席形式で行われ、10人ほどが座るテーブルが60~70ありました。圭さんは壇上から離れた後ろのほうのテーブルに座っていましたね。同じテーブルには圭さんの知り合いはいなかったようで、18時半に開場してしばらくは大人しく近くの席の人と歓談していました」

“年会晚宴是以入席落座的形式举办的,会场有60~70张10人左右围坐的桌子。圭坐在距离舞台较远,比较靠后的桌次。同席中似乎没有他认识的人,不过到18点半,宴会开始不久之后他便开始和身边的人畅聊了起来”。

だが、会が進むにつれ、圭さんの様子に変化が見られるようになったという。

不过,随着宴会进程的推进,圭的样子也逐渐发生了变化。

「お酒が入り気分が良くなってきたのか、圭さんの声はどんどん大きくなっていきました。現地の日本人にとっても圭さんは『有名人』ですから、大声でしゃべりまくっている彼をチラチラと見る人も多かったですが、まったく意に介していませんでした。

“不知道是不是因为喝了些酒心情不错,圭说话的声音变得越来越大。对当地日本人团体来说,圭是位‘名人’,所以时不时有人会瞄一眼正在大声说话的圭,但他似乎丝毫不在意这些目光”。

会話は断片的にしか聞こえませんでしたが、現在の自身の仕事内容やアメリカや日本の社会情勢について、熱弁をふるっていたようです」(同前)

“虽然我只能听到断断续续的内容,但他似乎在慷慨激昂地说着自己现在的工作内容,以及美国和日本的社会形势”。(同上)

年次晩餐会は3時間ほどで終了。会が終わると、圭さんはひとり、千鳥足で会場を後にしたという。

晚宴进行了三个小时。结束后,小室圭一个人踉踉跄跄地离开了会场。

弁護士として認められたい!

想成为被大家认可的律师!

「以前の圭さんは、現地の日本人と積極的にかかわろうとはしませんでした。しかし最近は、街で話しかけられときも気さくに挨拶を交わすなど、明らかに態度が変わってきています。

“以前小室圭不会非常积极地和当地日本人交流联络。但最近他的态度发生了转变,就算在路上和他搭话,他也会很随和地和别人打招呼”。

3度目の正直でニューヨーク州司法試験に合格してからもうすぐ2年。日本人社会に食い込み、数多くの顧問先を獲得して一人前の弁護士として認められたいという気持ちが強くなっているのかもしれません」(前出の法律事務所関係者)

“距离他三战纽约州司法考试合格已经过去了两年。或许他现在急迫地希望能够融入日本人团体,争取更多的客户,成为一名被大家认可的律师吧”。(上文律师事务所相关人士)

気分よく酔っ払い、千鳥足で帰宅した圭さん。ニューヨーク近郊のマンションで帰りを待っていた妻の眞子さん(32歳)には、年次晩餐会での「成果」をどのように報告したのだろうか。

喝得微醺,踉踉跄跄回家的小室圭。不知道他会如何向那位在纽约近郊公寓中等待他的妻子真子(32岁)报告这次年会晚宴上的“成果”呢。

※本文译文为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:九成民众认可女天皇!纪子妃费尽心机“包装”的日本太子该何去何从