テレ東「週刊ニュース」看板ネコ「まーご」死す…繁田アナ涙

东京电视台《周刊新闻》看板猫“まーご”去世…繁田主播落泪

テレビ東京「田勢康弘の週刊ニュース新書」(土曜前11・30)に出演し、視聴者やゲストの政治家たちにも愛されたネコの「まーご」が10日午後9時、急逝した。11日の放送で発表された。8歳7カ月だった。

出演东京电视台“田势曾根康弘的周刊新闻新书”(周六前11.30),被听众和担任嘉宾的政治家们疼爱着的小猫“まーご”于10日午后9点,突然死亡。该消息通过11日的播送而被发表。享年8岁7个月。

進行役を務める同局の繁田美貴アナウンサー(30)は会社から急きょ駆け付け、お別れ。「普段、寝ている時と何ら変わらない、すごいやすらかな顔をしていて、なでたら今にものどを鳴らしてくれそうな表情で眠っていました」と涙ぐんだ。

担任同一部门主持的繁田美贵主播(30 岁)从公司急忙地赶到、与其告别。主播哭诉着说“和平时睡觉的时候没什么变化,非常宁静的面孔,现在如果抚摸一下的话,就好像会以喉咙微微吱声般的样子沉睡。”

番組公式サイトにも「番組のアイドル」として紹介され「雄のアメリカンショートヘアー。2006年3月15日生まれ。たまにミャーと鳴いて、周りのスタッフをハラハラさせます。温厚な性格で寝るのが大好き。生放送中に出演者のマグカップに顔を突っ込み、入っていたお茶を飲んでしまうなんてハプニングもありました」と記述。動画コーナーもある。

“まーご”在节目官方网站上也以“节目的偶像”被介绍。据描述“まーご”是“雄性美国短毛猫。”2006年3月15日出生。偶尔会“喵啊喵啊”地叫,让四周的工作人员捏一把汗。性格温厚且很贪睡。也发生过在现场直播中把脸塞进马克杯里,头伸进去后喝茶的偶发事件。同时常出没于视频的角角落落。

ホスト役のジャーナリストで愛猫家の田勢康弘氏(70)が生放送中のスタジオ内にネコを常時、歩かせるという演出を提案。

主持人的报道中,爱猫人士田势康弘氏(70岁)提出了让猫在现场直播的录影棚中走动的安排。

追悼视频↓↓

声明:音视频均来自互联网链接,仅供学习使用。本网站自身不存储、控制、修改被链接的内容。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将依法采取措施移除相关内容或屏蔽相关链接。

在线地址://v.youku.com/v_show/id_XODAxMjg0MDQ0.html

「この番組を引き受けるかどうかという時に、ネコを出す、そのことを条件にして、それを受けてくてるなら出てもいいですよ、と。そういう経緯で出ることになったので、一心同体で…。先週ですかね、ひそかに約束して、辞める時は一緒に辞めような、と。本当に残念です」と肩を落とした。

“在考虑是否接受这个节目的时候,拿出了猫,对其说,以此作为条件,如果接受的话出去也行噢。由于这样的原委,同心同德…上周还悄悄约定过:要辞职的话也一起辞职。”真是可惜啊。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关推荐:

东京电视台传说:喵星人占据新闻节目