2014年夏季日9剧 《父亲的背影》(おやじの背中)于7月13日首播。故事由10位著名的编剧,在一集电视剧的长度内完完整整又蜻蜓点水地勾勒出亲子羁绊的模样。故事温馨感人,是今夏不能忽略的一部好作品。

在第十集中,父亲(小林隆 饰)为了隐瞒自己的职业,向儿子谎称自己是医生。这中间发生了什么样的闹剧呢?让我们一起去看一下吧~

【原音重现】

在线地址:http://www.56.com/u76/v_MTI1MzUzNDI1.html

音频版:

声明:音视频均来自互联网链接,仅供学习使用。本网站自身不存储、控制、修改被链接的内容。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将依法采取措施移除相关内容或屏蔽相关链接。

お父さん:それは全国の泌尿器科の先生が集まって、バーベキュー大会をやったときの記念写真だ。

父亲:这是全国泌尿科的医生,一起办烧烤时拍的纪念照。

お子様:お父さんは?

儿子:爸爸呢?

お父さん:うん?

父亲:什么?

お子様:どこにいるの?

儿子:你在哪里?

お父さん:お父さんはいない。お父さんが撮ったんだ。

父亲:爸爸不在照片里。因为爸爸是拍照片的人。

お子様:じゃあ、こっちは?

儿子:那这张呢?

お父さん:それは全国泌尿器科対抗弁論大会。これもお父さんが撮った。おちんちんの中はそんな感じになってるんだよ。面白いだろ、持って帰るか。

父亲:这张是全国泌尿科医生的辩论赛。这也是爸爸拍的。小鸡鸡的里面就是这样子的,有趣吧,要带回去吗。

お子様:おかしいよ、家にあったら。

儿子:放家里很奇怪吧。

お父さん:そうだな。なあ。

父亲:也是。对了。

お子様:えッ?

儿子:什么?

お父さん:寅雄さ、お前将来の夢ってあるのか?

父亲:寅雄,你将来有什么理想吗?

お子様:あるよ。

儿子:有啊。

お父さん:あるんだ。お父さんに聞かせてくれよ。

父亲:有吗。那讲给爸爸听听。

お子様:嫌だよ。

儿子:不要。

お父さん:言えよ。

父亲:说说看嘛。

お子様:お父さんみたいになりたい。

儿子:我想像爸爸一样。

お父さん:俺みたいに?

父亲:像我一样?

お子様:お父さんと同じ仕事をする。

儿子:我想和爸爸做一样的工作。

お父さん:なに…嬉しいこと言ってくれるじゃないか。

父亲:真是...你这孩子真会哄人开心。

お子様:そう?

儿子:是吗?

お父さん:でもな、大変だぞ。俺達は持つのが仕事みたいなところがあるから、仕事のないときはずっと我慢だ。そのうち昔の仲間が、どんどん売れ出して、テレビや映画に出るようになる。つらいなんてもんじゃない。焦るし、不安だし。でも本当は分かってるんだ、仕事が来ない理由がさ。でも、それを認めたくないもんだから。とまあ、そんなふうに悩んでいる俳優さんの泌尿器を診察することもある。お前にできるかな。

父亲:不过很辛苦的。我们的工作常常就是等待,没有工作的时候也只能默默承受。不知不觉间,以前的同伴都出名了,开始上电视、拍电影。这不是难熬一个词能概括的。又焦躁、又不安。但其实心里很清楚,为什么接不到工作,却又死不承认。爸爸有时会为怀有这种烦恼的演员检查泌尿器官。你能行吗。

お子様:できるよ。

儿子:能行。

お父さん:こっちおいで。

父亲:过来。

相关阅读推荐:《父亲的背影》经典台词之儿子的开导