由泽尻英龙华主演的2014年秋季日剧《FIRST CLASS2》(《ファースト・クラス2》),宣传口号为“含我在内,众人皆是恶女”(私含めて、全员悪女)。剧中吉成千奈美转战时尚界,从时尚品牌的新锐设计师开始做起。这一次,面对新的敌人,为与那些为工作不择手段的恶女们战斗。千奈美不得不用“不择手段的进攻”来武装自己。

在本剧第7集中,间宫充(青柳翔 饰)担任了NGS金融集团CEO一职,刚上任的他,便让由广木利佳(木村佳乃 饰)率领的TATSUKO YANO,和吉成千奈美(泽尻英龙华 饰)率领的TATSUKO YANO JAPAN,设计T恤并在快时尚品牌的店内进行销量比拼。输了的一方,所在的品牌便会消失。对此,广木利佳和吉成千奈美会如何让应战呢?

【原音重现】

在线地址:http://www.56.com/u17/v_MTMxODU2ODMw.html

音频版:

声明:音视频均来自互联网链接,仅供学习使用。本网站自身不存储、控制、修改被链接的内容。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将依法采取措施移除相关内容或屏蔽相关链接。

廣木リカ:さぁ、どうする?吉成ちなみ。 

广木利佳:怎么办啊?吉成千奈美。

吉成ちなみ:TATSUKO YANOとTATSUKO YANO JAPANでつぶし合うなんて、日本のファッション業界のためになるとは思えませんが。

吉成千奈美:TATSUKO YANO和TATSUKO YANO JAPAN两个品牌互相残杀,我并不觉得这对日本时尚界有什么好处。

廣木リカ:パリにフラッグショップがある日本のファッションブランドは、ほんのわずか。日本には1000以上のブランドがあるのに。これが今の日本のファッションブランド。何とかしなくちゃ、いけないんじゃない?

广木利佳:在巴黎有旗舰店的日本品牌只有区区几个,而日本有超过1000的本土品牌。这就是日本时尚品牌的现状。我们必须要做点什么吧?

吉成ちなみ:初めて意見が合いましたね。

吉成千奈美:我们第一次想到一起去了呢。

吉成ちなみ:まだ間宮充と何か仕掛けるつもりですか?

吉成千奈美:你还想和间宫充玩什么猫腻?

廣木リカ:あの男はもう使えない。むしろ邪魔者

广木利佳:那个男人已经没有利用价值了,甚至太碍事了。

吉成ちなみ:だったら、間宮充の言いなりになる必要なんてないんじゃないですか?TATSUKO YANO JAPANは廣木さんが立ち上げたラインですよね?それを自分の手でつぶすんですか?

吉成千奈美:既然如此,有什么必要对他言听计从呢?TATSUKO YANO JAPAN不是你一手创立的线下品牌吗?难道要亲手毁了它吗?

廣木リカ:私が立ち上げたラインがどうかなんて、どうでもいい。今2つのラインがたまたま社内で競うことになった。そして、どちらかが消える。それだけのこと。ファッション業界は流通業界。どこかが売れれば、どこかが売れなくなる。その戦いの繰り返し。たかが身内の戦いを行き抜けない者が、外で戦えるわけない。

广木利佳:是不是我亲手创立的品牌根本无关紧要。现在是两个线下品牌碰巧在公司内竞争而已,然后某一个会消失,仅此而已。时尚业是流通产业,在这里卖得好,在那里就不见得卖得好,一直重复这样的战斗。连自己公司内部的品牌都赢不了,怎么跟外人去竞争。

吉成ちなみ:その言葉、聞いたことあります。

吉成千奈美:这句话我听过。

廣木リカ:生き残った方が志を遂げればいい。

广木利佳:留下来的那方实现梦想便是。

吉成ちなみ:約束します。

吉成千奈美:我答应你。

廣木リカ:そのためにも、本気で戦う。

广木利佳:就算是为了这个也要动真格。

吉成ちなみ:はい。

吉成千奈美:好。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关阅读推荐:《FIRST CLASS2》台词:真正的工作