秘書とは企業の重役や政治家などに付き、スケジュールの管理や書類の整理、外部との窓口を担当するなどの「補佐」をする仕事です。秘書という仕事に憧れている人も多いのではないでしょうか。ではみなさんは、どうすれば秘書になることができるのかご存じですか? 今回は、秘書になるにはどうすればいいかについてまとめてみました。
秘书是配属企业的董事要职以及政治家,日程的管理,文件的整理,以及担当和外部窗口等等的从事「辅佐」的工作。憧憬着秘书工作的人也多。那么各位,如何能够成为秘书你们知道吗?此次,关于如何成为秘书做了归纳。
■秘書になるには資格は必要ない?
■成为秘书需要资格吗?
秘書に関する資格として有名なのが、
・秘書検定
・米国秘書検定 (CPS)
・医療秘書技能検定
この3つです。
关于秘书资格有名的是?、
・秘书审定
・美国秘书审定 (CPS)
・医疗秘书技能检定。
是这3点。
秘書検定は、『公益財団法人実務技能検定協会』が実施しているもの。秘書に必要な職務知識や一般常識、またマナーや補佐技能といったことを筆記試験、面接試験で測ります。1級、準1級、2級、3級の4つの等級に分けられており、数字が若いほど秘書としての能力が高いことを示します。
秘书审定是『公益财团法人实务技能检定协会』实施的。作为秘书所需的职务知识以及一般常识,还有礼仪及辅助技能通过笔试,面试来进行测量。分别分为1级、准1级、2级、3级的4个等级,越低的数字表示作为秘书的能力越高。
米国秘書検定は、アメリカの認定団体『IAAP(International Association of Administrative Professionals)』が実施している試験。秘書に必要なスキルや知識に加え、高い英語能力も認められます。
美国秘书审定是、美国的认定集团『IAAP(International Association of Administrative Professionals)』实施的考试。再加上秘书必要的技能以及知识,较高水平的英语能力也承认。
医療秘書技能検定は、医療機関で働く秘書に必要な専門知識と技能を認定するものです。医学的基礎知識だけでなく、医療関連の法規、また医療機関の組織の仕組みなど、専門的な知識が問われる検定です。
医疗秘书技能检定是指在医疗机关工作的秘书必要的专业知识和技能的认定。不仅仅是医学的基础知识,医疗相关联的法规,还有医疗机关的组织结构,被询问到专业知识的检定。
こうした秘書に関する検定試験はあるものの、必須ではありません。基本的には、誰でも秘書業務に就くことが可能です。例えば資格を持っていなくても、配置転換で企業の秘書課に配属となり、重役の秘書に就くといったケースも少なからずありますし、仕事の中で上司の補佐をメインに担当することになれば、それはもう秘書の仕事ということになります。
这些已有的有关秘书的审定考试也不是必须的。基本上无论是谁都有可能从事秘书工作。例如即使没有资格的认定,通过人员的配置调整分配到企业的秘书课,身居要职的秘书例子也不少,在工作当中只要能够成为主要担当上司的辅助的话,那就已经是秘书的工作。
ただ、「思いがけず」という例は別にして、最初から「秘書」として働くこと、また採用されることを目指すのならば、やはり先に紹介した秘書に関する検定に合格しておくことが望ましいでしょう。
但是,「无法预料」的例子另当别论,从一开始作为「秘书」工作、以能够被录用为目标的话,最好还是通过前面已介绍的有关秘书检定合格。
■政治家の政策担当秘書は特殊なルートが必要
■政治家的政治策略担当秘书所必要的特殊途径
多忙なスケジュールを抱える政治家は、複数の秘書が付いていることが多く、例えば国会議員だと、公設秘書と呼ばれる、国費で採用できる秘書を最大3名まで雇うことができます。この公設秘書3名のうち2名は第一公設秘書、第二公設秘書と呼ばれ、一般的な秘書と同じく特に資格がなくてもなることができます。しかし残る一人である「国会議員政策担当秘書」になる場合は、国家試験、または採用審査を受けないといけません。
承担着繁忙日程计划的政治家,配备着多名秘书,例如国会议员的话,被称作公立秘书,用国家经费录用的秘书最多可以3名。这3位公立秘书中2位被称为第一公立秘书,第二公立秘书、和普通的秘书相同没有特别的资格也可以。但是剩下的这1位要成为「国会议员政策担当秘书」的情况下,还是必须要接受录用审核。
国会議員政策担当秘書は、国会議員の政策面の補佐をする秘書。政策秘書とも呼ばれており、1議員につき1人、国費で採用することができます。政策の補佐をするわけですから、非常に高い専門知識が必要になります。そのため「政策担当秘書資格試験」という国家試験に合格する必要があるのです。
国会议员政策担当秘书是 辅助国会议员从事政治策略方面的秘书,被称为政策秘书、1位议员配置1人、可以用国家经费录用。因为是从事政策的辅助,所以需要非常高水平的专业知识。因此,有必要通过「政策担当秘书资格考试」这样的国家考试合格。
政策担当秘書資格試験はまず多岐選択式を行い、そこで合格した場合に次の論文式試験を受けることができ、さらにそれに合格すると、口述試験に進むことができます。この口述試験に合格することで、政策担当秘書資格を得ることができます。国家試験の中でも難関とされている試験です。
政策担当秘书资格考试是先进行涉及多方面的选择方式,只有先合格了才可以进行接下来的论文方式的考试,再次合格的情况下,才能进行口述考试,只有这个口述考试合格才可以取得政策担当秘书资格。这也是国家考试当中的考试难关。
もう一つ、司法試験や国家公務員総合職試験といった、特定の国家試験に合格するか、公設秘書として10年の経験を積むなど、特定の条件を満たしている場合、研修を受けることで政策担当秘書になることもできます。条件を満たしていても、十分な知識と経験がないと議員から研修の申請がされないため、難しい道と言えます。
还有一点、叫做司法考试以及国家公务员综合考试,特定的国家考试是否合格,是否具备作为公立秘书10年的经验,满足特定的条件的情况下,通过研修的方式也能够成为政策担当秘书。即使满足条件,没有十分的知识和经验的话得不到议员的研修审批,也可以说是非常艰难的道路。
■秘書の給料はどうなっている?
■秘书的薪酬是怎么样的?
秘書の収入に関しても気になるところですが、秘書の給料は基本的には働いている会社の給与基準に左右されるため、ピンキリというのが正直なところ。もし大きな企業で、社員年収も平均より高いとされているならば、秘書の給料も高いでしょうし、企業規模が小さく、社員の平均年収も低いのならば、秘書であったとしても給料はそこまで高くないでしょう。もちろん秘書課など課に属していて、課長などに昇進することで昇給することもありますが、それもベースとなる給与基準次第です。
关于秘书的收入虽然也是非常重要的,但是,秘书的工资基本上是用人单位根据公司的工资基准来操作,最高到最低可以说透明的存在。如果在大的企业,职员年收入平均偏高的话,秘书的工资也高,企业规模小,职工的平均年收入也低的话,即使是秘书工资也不会有多高。当然从属秘书课等的课时,升职为课长也会加薪,那也要根据基本工资的津贴标准。
正社員ではなく、派遣社員として秘書業務に就くというパターンもあります。この場合は月収ではなく時給というパターンもあり、時給は1,200円-2,000円といった金額であることが多いようです。もちろんですが、時給は大手企業であったり、より高い秘書スキルが求められる場合に高くなります。派遣から正社員登用というケースも見られます。
不仅是正式员工,作为派遣员工从事秘书工作的实例也有。这种情况不是月薪也有按时薪的,按1小时是1,200日元-2,000日元也是很多。当然了,时薪在大型企业,会对秘书技能有着更高的要求。从派遣员工转为正式员工的例子也有。
また、政治家の公設秘書の場合ですが、第一公設秘書、第二公設秘書、そして政策担当秘書の給与は「国会議員の秘書の給与等に関する法律」で定められています。それによると、第一公設秘書と政策担当秘書の給与は、最低で34万3,500円、最高で53万3,200円となっており、在職期間や年齢で変わります。第二公設秘書の場合は、最低で26万8,000円、最高で39万3,400円。こちらも在職期間や年齢で変わる仕組みになっています。これに期末手当や住居手当など諸々の手当が付くことになります。第一公設秘書や政策担当秘書にはなかなかなれませんが、給与面は非常に魅力がありますね。
虽说是政治家的公立秘书,但是,第一公立秘书,第二公立秘书,以及政策担当秘书的工资是依据「国会议员秘书有关工资法律」制定。由此可见,第一公立秘书和政策担当秘书的工资是最低34万3,500日元,最高53万3,200日元,会依照在职时长,年龄而变化。第二公立秘书的情况下是最低26万8,000日元、最高39万3,400日元。同样也是按在职时长,年龄而变化的构成。由此这些期末津贴和住房津贴等附加的各种各样津贴。虽然成为第一公立秘书和政策担当秘书不是那么容易,但薪酬方面还是非常有吸引力的。
今回は秘書になるにはどうすればいいかについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。スキルや知識だけでなく、上司がより働きやすいようにサポートするにはどうすればいいのかを考える柔軟な頭脳も求められますから、たやすい仕事ではありません。その代わり、非常にやりがいはあるかもしれませんね。
此次是对于如何成为秘书做了汇总,觉得如何呢。不仅仅是技能和知识、因为上司会考虑如何轻松的工作得到支持也要求头脑的灵活、并非容易的工作。另一方面,或许非常有做的价值吧。
引用:総務省法令データ提供システム「国会議員の秘書の給与等に関する法律」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H02/H02HO049.html
来源:总务省法令数据系统提供「国会议员秘书有关工资法律」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H02/H02HO049.html

本翻译为沪江日语原创,禁止转载。

相关推荐:

【日企工作碎碎念】小秘书,大学问

【日本秘书】比起美丽更注重“气质”