武士は食わねど高楊枝

打肿脸充胖子

山本常朝の名言で、こちらはとても有名。貧乏でも辛い時でも毅然とした態度をとることの重要性を教えてくれます。

作为山本常朝的名言,非常有名。告诉我们即使穷困潦倒,即使饱受苦难,也要始终保持坚强的意志的重要性。

*山本常朝,是日本江户时代的武士、《叶隐》的作者(口述者)。

【例文】

超エリートということだが「武士は食わねど高楊枝」の可能性もある。

虽然看起来是精英中的精英,但也有可能只是打肿脸充胖子

重点词汇:

高楊枝 [たかようじ] 

①ゆうゆうと食後の楊枝を使うこと。満腹のさまにいう。

①饭后从容不迫的使用牙签。形容饱腹的状态。

例:武士は食わねど高楊枝。

武士不露饿相。武士没饭吃也用牙签剔牙。

②何もしないでいること。ぶらぶら遊んでいること。

②什么都不做。无所事事的玩耍。

例:そんな思想は全く自分には無いからと高楊枝である。

他表示自己完全没有那样的想法,一副无所事事的样子。

楊枝  [ようじ] 

①歯の間にはさまったものを取り除いたり、食物を刺したりするのに用いる、先をとがらせた細く短い木の棒。

①去除塞在牙齿间的东西,用于插取食物,是前端削尖的又细又短的木棒。牙签。

②歯のあかをとり、きれいにするための道具。

②除去牙齿的污垢,清洁牙齿的道具。

③楊(やなぎ)の枝。昔、病気の治癒(ちゆ)を願ったり、人に害を与えたりするための呪(まじな)いに用いた。

③杨枝。以前,用于祈祷疾病痊愈,或者是用于加害别人的巫术。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。