荒木飛呂彦「不老伝説」の陰には…

荒木飞吕彦“不老传说”的背后

大人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ。2021年12月1日から新作アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』のNetflixでの配信が始まり、スピンオフドラマ『岸辺露伴は動かない』の新作も2021年12月下旬に放送が予定されるなど、この冬も話題が目白押しです。

超人气漫画《JOJO的奇妙冒险》系列。2021年12月1日起,该系列新作《JOJO的奇妙冒险:石之海》开始在网飞平台播出,衍生剧《岸边露伴一动不动》的新作也将于2021年12月下旬播出,看来今年冬天的话题作也是一个接一个。

大ヒット作を生み出した漫画家の荒木飛呂彦先生には、自身にも「ジョジョ」シリーズに負けないほどの熱~いエピソードがあるのですが、それはすべて先生の「生真面目」さが生んだものでした。

创作了这部人气作品的漫画家荒木飞吕彦老师也有一些不输给“JOJO”系列的热情故事,这些故事都是老师“认真严肃”的写照。

●もはや若返っている!?不老伝説を生んだストイック生活

●重返年轻!?克己生活创作出不老传说

荒木先生を語るうえで避けて通れない話題といえば、その「驚異の若さ」です。1960年生まれの御年61歳ですが、20歳の頃の写真と現在を見比べてみてもほぼ変わらないその容姿にはあ然とするばかりです。ちまたでは「ジョジョの波紋の力だ」とか「先生自身がDIOなんじゃないか」などと言われるほどの不老ぶり。でもそれは決して超自然現象ではなく、荒木先生の生真面目なストイック生活から生まれたものなのです。

提起荒木老师,不得不说的就是他“惊人的年轻”。荒木老师是1960年生人,今年已经61岁,但拿出20岁的照片和现在比较样貌几乎没有什么变化,让人忍不住感叹“是不是有JOJO的波纹之力”或是“老师您是不是就是DIO本人”。但是,老师的年轻并非什么超自然现象,只是他严格的克己生活塑造出来的。

かつて語ったところによると、荒木先生は「小食健康法」を実践しているそうで、朝は自分で作る生野菜ジュースを飲み、昼は野菜中心の食事、そして夕飯は食べないのが基本なのだとか。長年連載を続ける多忙な身体がもつのかと思ってしまいますが、慣れればその方が調子がいいのだそうです。

据荒木老师过去所说,他一直在践行“少食健康法”,大致生活习惯是早餐喝自己榨的蔬菜汁,午餐以素食为主,晚餐不吃。原想忙碌地创作长年连载作品身体是否吃得消,但他却说习惯了之后这种生活方式反而更好。

食生活だけでなく、体力維持のためのトレーニングも常日頃から欠かさないそうです。それは若い頃からで、妻との初デートにもジムのプールを指定するほど。妻には「その辺で遊んでいて」と言い残し、ご自身はひたすら泳いでいたのだそうです。

不仅是饮食习惯的保持,为了维持体力,每日的锻炼也是必不可少。甚至在年轻时,他和妻子的第一次约会都选在了健身房的泳池里,约会时就对妻子说了句“你在这儿随便玩吧”,然后便自顾自地游起泳来。

そんなストイックな自分ルールを堅守しているからこそ、誰もが驚く若さを保っているのではないでしょうか。

正是因为他克己地坚守着自己的生活方式,所以才能保持令人震惊的年轻吧。

ちなみに、漫画家というと徹夜も当たり前の不規則な生活をイメージしがちですが、荒木先生は仕事のスケジュールもきっちり決めているそうです。インタビューの時期によって曜日や時間に違いはあるものの、仕事は午前中から始めて休み時間も挟みつつ24時までに終わらせる、週に2日以上はオフにするなどここにも生真面目な生活ぶりがうかがえます。とはいえ、途切れず訪れる締切りのなか、それをきっちり守れるのは超人ワザですね。

此外,说起漫画家大家都会想到熬夜等不规律生活习惯,但荒木老师的工作时间表也是定好的。虽然有采访的时候会有日期和时间上的改变,但大多都是早上开始工作,到24点一定会结束工作,期间也是劳逸结合。一周会有两天以上的休息日,这方面的生活节奏也是非常有规律的。不过,能在一个又一个的截止日期前保持这样规律的生活,也是超人才能有的能力吧。

『ジョジョ』キャラはすべて生きている

《JOJO》的角色都是活生生的

●キャラクターを作り上げすぎてピンチに陥った

●角色设定十分细致因此陷入危机

「ジョジョ」シリーズの醍醐味は、次々と現れる難敵をいかにクリアしていくか、その戦いぶりにあるでしょう。絶体絶命のピンチを切り抜ける奇想天外ともいえるアイデアの数々に、ファンは毎回度肝を抜かれるのですが、先生によるとそれは「キャラクターが自然に着地」しているだけなのだそう。

《JOJO》系列的看点就在于主人公们击倒一个又一个敌人时的战斗场景。主人公每次命悬一线脱离困境的情节都让粉丝们提心吊胆,但荒木老师却说这些天马行空的想法其实都是“角色应有的表现”。

そんなことが起こるのも、荒木先生が生真面目に、キャラクターをしっかりと作り込んでいるからです。一人ひとりに性格、口癖、好きな食べ物など60項目以上の身上調査書を作ってから描き始めるため「キャラクターの性格とかが決まっていると、もうある方向にしかお話が進んでいかないんですよ。決定されているんですね、描く前から」と語るように、それぞれに命が吹き込まれているのです。

之所以这么说,是因为荒木老师在角色的塑造上也是十分认真。每个角色都有“设定书”,里面有性格、口头禅、爱吃的食物等60多个细类,可以说他赋予了每个角色生命。所以他才说“一旦决定好角色的性格之后,故事就只能朝着某个方向发展。这些都是在下笔之前就已经定好的”。

綿密に作り上げたキャラ同士の戦いだからこそ、時には先生の思惑を越えてしまうこともあるそうです。その代表的な戦いが、第4部「ダイヤモンドは砕けない」編での、仗助と吉良吉影との最終決戦。あまりにも吉良が強すぎて、さすがの荒木先生も「これ、主人公が負けるかも」と思ったそうです。「どうするんだろう?どうしたらいいんだろう?」と作者でありながら焦ったようですが、最終的に勝てた理由は「死に物狂いでどうしようと考えたから」。その瞬間は、まさに仗助と一体化して先生自身が戦っていたのでしょう。

由于《JOJO》里都是精心创作的角色之间在战斗,所以故事的发展有时候甚至会超出老师的想法。其中最有代表性的一战就是在第四部《不灭钻石》篇中,仗助和吉良吉影的最终决战。由于吉良过于强大,就连荒木老师都担心“这下主人公怕是会输”。在经过“这下怎么办?怎样才是最好的?”的焦灼思考后,最终荒木老师作为作者给出的胜利理由是“思考频死时会怎么做”,想必在这一瞬间,荒木老师已经和仗助合为一体在战斗了。

ちなみに、どんなに窮地に陥ろうとも「ジョジョ」の世界では神風が吹いて勝つということはありません。荒木先生いわく「すべてジョジョたち人間が考えたり頑張ってつかんでいくもの。それがジョジョの絶対的ルール」だからなのだそうです。

此外,无论主人公陷入怎样的危机,“JOJO”的世界中都不会因运气好而获得胜利。因为荒木老师曾说“所有的胜利都是JOJO他们思考努力过后夺过来的。这是JOJO的绝对原则”。

●妻をもビビらせたジョジョの擬音

●让妻子都害怕的JOJO拟音

「ジョジョ」シリーズの魅力のひとつには、独特の擬音使いがあります。それ自体が生き物のような躍動感のある書き文字で「ドドドド」「ドバババァァ!」などと描かれ、唯一無二の「ジョジョ」ワールドをかもし出しています。なぜこんな手法が生まれたのか、荒木先生によると映画の影響が強いのではないかということです。映画のシーンに効果音や音楽がついているように、この場面にこの音がほしいと思ったらそれを文字にしているだけで、特に意識したことではないのだそうです。

《JOJO》系列的另一大魅力就是独特的拟音。“ドドドド(咚咚咚咚)”“ドバババァァ!(啊哈哈哈哈哈!)”等文字仿佛本身就有生命,这些都是独一无二的《JOJO》世界才能有的精彩。为什么会有这种表现方式呢?荒木老师自称受电影的影响很大。因为想和电影中的效果音和音乐一样,希望在这个场景中出现这种声音,所以就用文字表达了出来,并没有下意识去做这件事。

映画と音楽が大好きな荒木先生らしいごく自然な表現とのことですが、執筆現場はかなり激しいことになっているそう。妻の証言によると、仕事場にお茶を持って行ったら先生が「ドヒャアァァーーーー!!」というような奇声をあげながら何かに取り付かれたように筆を走らせていたそうで、あまりの怖さにそのままドアを閉めて見なかったことにしたのだとか。

这在热爱电影和音乐的荒木老师心中是极为自然的表现方式,但创作现场却十分激烈。据老师的妻子说,有一次她到工作室给老师送茶时,看到老师正大吼着“啊呀呀呀——!!”一般怪异地声音,像被附身了一般执笔挥洒着,由于场面过于恐怖,老师的妻子就那样关上了门当做什么都没看到离开了。

擬音とともにジョジョワールドを彩るのが独特なセリフ回しですが、こちらも特に意識して考えているわけではなく、リズムやテンポを重視して描いているうちに自然と降りてくる感覚なのだそうです。ただし第1シリーズのコミックス第1巻でジョジョが叫んだ名セリフ「何をするだァーーーッ!」は神が降ろしたセリフではありません。本来は「何をするんだァーーーッ!」だったのですが、誤植で独特のセリフ回しになり、名言とされるまでになったのだそうです。

除了拟音之外,独特的台词表达也给JOJO增添了一份色彩,这也不是老师特意的设计,只是在重视节奏和韵律的表达时凭感觉自然创作出来的。不过第一部漫画第一卷中JOJO喊出的名台词“何をするだァーーーッ!(你在干什么!)”并不是灵光闪现,原本台词是“何をするんだァーーーッ!”,误排之后成了一句独特的台词,最后甚至成了角色的名言。


(修正前&修正后)

2022年は『ジョジョ』連載開始から35周年という節目の年。新たなる胸躍る展開が起こるように期待して年を越しましょう。

2022年是《JOJO》连载35周年。新年来临之际,让我们期待激动人心的新故事吧。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

精彩阅读推荐:《游郭篇》12月待播:《鬼灭之刃》到底应不应该禁止儿童观看?