在中国书店最受欢迎的那些日本小说
作者:忘川译|来源:jbpress|2017年07月17日 00:00
  • 双语
  • 中文
  • 日语

中国の書店にはどのような日本関連の本が置いてあるのでしょうか。

中国的书店放置了哪些日本相关的书呢?

第1に挙げられるのは、日本式経営を解説するビジネスノウハウ本です。次に、これに負けじと多いジャンルとして娯楽小説があります。特にミステリー作品は中国語の翻訳版が数多く出版され、ドラマや映画など映像化作品も視聴されるなど強い関心が持たれています。

首先被列举出来的第1大类是解说日本式管理、经营技术的书。接下来是不亚于第1大类的娱乐小说。特别是日本推理作品的中文译本出版数极大,大家对那些被电视剧化、电影化的影像作品的关注度也非常高。

海外における日本書籍というと漫画作品の流行ばかりが取り上げられがちですが、中国では日本の文学作品も高く評価されています。今回は、その現状について紹介しましょう。

一般说到海外流行的日本作品,经常被认为几乎都是些漫画作品,但是在中国,对日本文学也有着较高的评价。这次,我们给大家介绍一下这一现状。

中国でも大人気の村上春樹

在中国也有着极高人气的村上春树

中国において最も著名な日本人作家は、おそらくどの中国人に聞いても十中八九、村上春樹氏の名前を挙げるでしょう。村上氏の作品は一定規模以上の中国の書店であれば、ほぼどこでも取り扱われ、「日本文学」または「海外文学」コーナーで平積みにされていることも珍しくありません。

在中国最著名的日本作家当属村上春树,恐怕问每一个中国人,十有八九都会回答他的名字。只要在中国一定规模的书店,几乎都能买到村上的作品,摆放在“日本文学”或者“外国文学”书架上,已经不是什么新鲜事了。

村上氏の作品は、筆者が北京へ留学していた10年以上前から中国で高い人気を得ていました。当時は『海辺のカフカ』(中国名『海辺卡夫卡』)が人気で、行く先々の本屋で平積みにされているのを見ながら、「翻訳されているとはいえ、反日的と言われる中国でこんなにも日本文学が受け入れられるものなのか?」と不思議に思ったものです。

村上的作品,从笔者来北京留学以来的十多年前就已经有着不俗的人气。当时《海边的卡夫卡》人气居高不下,看到所到的书店中摆放整齐的样子,自己也不可思议地想“虽然是译本,被认为反日情绪高涨的中国竟然对日本文学的接纳度如此之高?”

なお村上氏以前は、渡辺淳一氏が日本の作家として高い人気を博し、『失楽園』は1990年代の中国でも大流行しました。

另外,在村上之前,渡边淳一是博得高人气的日本作家。《失乐园》在1990年代的中国大受欢迎。

村上春樹氏に次いで中国で人気のある日本人作家となれば、ほぼ間違いなく東野圭吾氏の名前が挙がってきます。

继村上春树之后,在中国有着非凡人气的日本作家,基本上毫无疑问就是东野圭吾了。

書店では人気の高い東野圭吾氏の作品がズラリ

在书店里,高人气的东野圭吾作品成排摆放

中国のネットを見ても、その人気ぶりは明らかです。「東野圭吾作品おすすめ9選」と題されたサイトでは、『白夜行』『容疑者Xの献身』『放課後』『悪意』『秘密』『手紙』『時生』『宿命』『さまよう刃』が推薦されており、日本人である筆者の目から見ても、なかなか渋い選出の仕方をしているなと思わせられるラインナップです。

看看中国网上的推荐就能东野居高不下的人气了。在一个登载了题目为《东野圭吾作品推荐9选》的网站中,推荐了《白夜行》《嫌疑人X的献身》《放课后》《恶意》《秘密》《信》《时生》《宿命》《彷徨之刃》,在身为日本人的笔者看来,选择的都是相当深沉的内容。

このほか中国の書店やネット上でよく見る日本人作家名としては、やはりミステリー作家の京極夏彦氏、綾辻行人氏の名前が挙げられます。

其他在中国的书店或网络上比较常见到的日本作家的名字,果然都是推理小说作家,有京极夏彦、绫辻行人等。

知人などに聞いたところ、中国で日本のミステリー作品に入れ込む層としては、20代を中心とした若い女性が多いとのことです。実際に筆者も通勤途中、地下鉄車内で日本のミステリー作品をスマホで読み耽るOLらしき女性を見たことがあります。

笔者向认识的人打听了一下,在中国购入日本推理作品的读者层,以20代女性为中心,年轻女性读者较多。实际上,笔者在上班途中的地铁上,也遇到过用智能手机阅读日本推理小说的白领女性。

ミステリーに餓えた中国の読書ファン

对推理作品十分饥渴的中国读者粉丝

テレビでも中国の刑事物ドラマはアリバイや証拠をじっくり追及することなどなく、日本の「西部警察」よろしくひたすら派手なアクションでドンパチやらかす番組ばかりが思い浮かびます。そのような意味では、確かに中国人は入り組んだ推理ロジックを作るのが苦手なのかもしれません。

中国的刑侦电视剧不是从不在场证明、证据等细节追捕犯人,而是令人浮现出像《西部警察》那样的画面,拍摄一系列华丽的动作戏,搞一些惊险枪战。从这一意义上来讲,说不定中国人确实不擅长写一些错综复杂诡异的推理作品。

筆者は1人の日本人として日本の文学作品が中国でも読まれていることを素直にうれしく思います。ただその一方で、日本では近年、出版不況から新人賞がどんどん廃止されるなど新進の作家や作品が登場しにくい環境になっていることが気がかりです。そのような中で日本の小説家は今後も外国人に受け入れられるような作品を供給し続けられるのか? そんな不安もあり、今回は1つの論点として中国の現状を報告させていただきました。

笔者作为一个日本人看到日本的文学作品在中国也被广泛阅读,单纯感到很高兴。但是,另一方面,日本近年来,出版行业的不景气导致新人奖不断地被废止,新进作家、作品很难有平台登台亮相,这一环境令人感到担忧。在这样的环境中,日本的小说家今后还能持续被外国人所接纳,继续为世间供给作品吗?包含着这样的不安,也作为本文的论点之一,将中国的现状做以报告。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

图书馆巡游:日本七大美妙的阅读之地

读书之秋:日本文学作品美句欣赏

相关热点: 日本电影大全白夜行阅读主题oricon音乐榜单

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
3
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP